Blog

2018.10.11 Buyer's Blog

2018秋冬バイイング メンズ編 vol.5

アシスタントバイヤー
岡本 浩孝

こんにちはアシスタントバイヤーの岡本です。
今年は暑かったですが、10月に入りめっきり秋らしくなりましたね。

只今パリゴメンズではニットフェア中ということもあり、ニット専業ブランドとして名高い2ブランド、Roberto Collina(ロベルト・コリーナ)とMAISON FLANEUR(メゾンフラネール)をご紹介させて頂きます。

是非ご覧下さいませ。

 

Roberto Collina(ロベルト・コリーナ)。

パリゴでもお馴染みとなったRoberto Collina(ロベルト・コリーナ)。

イタリアのボローニャに拠点を置くこちらのブランドは、1950年代に創設され、
インスピレーションの源でもある品質と革新的デザインに焦点を当て、
唯一無二のコレクションを発表しています。

全てイタリア生産ということもあり、色感やテクスチャーが絶妙で、
JAPANブランドとはまた違った良さがあります。

 

 

 

 

 

 

今季特にオススメはこちらのノルディックボーダーニットとカラーブロックニットです。
パリゴらしいシックな色調で本物志向な大人の方に着て頂きたい一着です。

 

 

 

 

よくお客様の声にあがる薄手のニットパーカーもピックアップしております。
他ブランドでこういった薄手のニットパーカーというのは意外と無いんです、、
しかし、そこは流石のロベルトコリーナ。
痒いとこに手が届く商品を提案してくれています。

 

 

今まで秋冬であまり買い付けていなかったニットポロもシャツ感覚で羽織れて◎。

 

 

 

 

 

ベーシックながら編み地がユニークなこちらのニット。
普遍的なプルオーバーニットはシーンを問わないのも魅力ですね。

 

 

MAISON FLANEUR(メゾンフラネール)

先シーズンよりパリゴでも取り扱いをスタートし、大好評のMAISON FLANEUR(メゾンフラネール)。
超ビッグメゾンブランドのニットを手がけているイタリアのファクトリーブランドということもあり、
技術力やデザイン力は世界トップクラス。

日本でも有力セレクトショップが取り扱いをスタートしており、今大注目のブランドです。

 

特にオススメは弊社の18AWカタログでも掲載させていただきました、こちらのニットコート。
ややゆったりしたシルエットで、ニットコートでは有り得ないリバーシブル仕様となっております。

 

 

こちらのタートルニットも18AWカタログにて掲載させていただきました。
フリンジの仕様もポイントですが、特質すべき点はグラデーション的に入ったブラウンカラーです。
日本のブランドでは品質管理の問題もあり、まずこういった色は出せません。

 

 

 

こういったキャッチーな色のニットも良いですよね。

ネイビーアウターに合わせるのは鉄板ですが、今季はベージュのアウターも買い付け強化しておりますので、
そういったもののインナーとして活用するのも良いかと思います。

 

いかがでしたでしょうか?
ニットフェアということで店頭は面白いニットが目白押しです。
是非店頭またはパリゴオンラインにてご覧下さいませ。

 

————————————————-
◇公式instagram◇
◇公式メンズinstagram◇
PARIGOT ONLINE:http://www.parigot.jp/
————————————————-

 


≪他のブログを読む≫
◇2018年秋冬海外バイイング in MILANO編 Part.2
◇名品JOHNSTONS(ジョンストンズのおしゃれな巻き方アレンジ!&秋のメイク講習会レポート★
◇迷わずこれ!ブランド別HITバッグ☆
◇冬本番に向けてオススメ小物のご紹介!
◇ルミネ横浜店THANKS 3DAYSのお知らせ & 新作商品をピックアップ!