Blog

2016.04.20 Buyer's Blog

2016年春夏バイイング メンズ編Part.7

バイヤー
遠藤 智和

こんにちは、バイヤーの遠藤です。

気温も過しやすくなり、温かな日が心地よい季節になりましたね。
ゴールデンウィークの近づき、予定を計画されている方も多いのではないでしょうか。

今回は注目のインポートブランドとして、イタリアを切り口にご紹介致します。
今シーズンは、PITTIから買い付けた様々なブランドが店内を賑わせています。

■TAGLIATORE(タリアトーレ)

デザイナー:Pino Lerario(ピーノ・レラリオ)

イタリアの最南プーリア州で誕生し、今イタリアンファッションの話題を独占している「TAGLIATORE(タリアトーレ)」がPARIGOTに初上陸。
TAGLIATORE(タリアトーレ)は1960年代に創業したLERARIO(レラリオ)社が母体となり、二代目のPino Lerario(ピーノ・レラリオ)が立ち上げたブランドです。

トレンドを追い、マーケティング手動のファッションに対し、TAGLIATOREはデザイナー自身のスタイルを全面に押し出しているのが特徴です。
シューズのアッパーを裁断(タリアータ)する職人である祖父の影響もあり、両脇からウェストを絞った立体的なシルエットは卓越したカッティング技術に支えられています。
さらに厳選した素材と組み合わせる事でクラシックテイストを醸し出しつつも南イタリアらしい柔らかさと力強さを演出した注目のブランドです。

 

1

 

2

 

3

イタリアで行われる、世界最大のメンズ見本市「PITTI IMAGINE UOMO」でも注目された、テーラードジャケット。
ウールとリネンをブレンドした素材は、キャンバスのような風合いで、肌触りが軽やかなのが特徴です。
ラペルワークは気品溢れるカッティングで、その技術の高さを証明しています。

 

 

4

 

5

 

6

チェック柄は今季のトレンドも意識し、鮮やかなネイビやホワイトーカラーはまさに南イタリアの爽快な景色を連想させます。
ブランドのアイコンでもあるハットのラペルピンをはじめ、ボタン一つ一つにも拘り抜いた、気品溢れるテーラードは世界中で愛されている逸品です。

 

 

■KAMAR(カマール)

デザイナー:デザインチーム

イタリア南部プーリア州の歴史あるパンツメーカー。
数多くの世界的に有名なコレクションブランド向けにメンズスラックスを手がけているKAMAR社。
数ある有名イタリアパンツメーカーが東欧を中心に他国生産に切り替える中、あくまでイタリア国内で職人技を生かしたモノ作りによる 貴重な「本物の100%イタリア製」です。

 

8

 

9

 

10

使用している表地や付属の手配から縫製まですべてをイタリア国内にて完結するという徹底ぶりは、
その信用が世界中からファクトリーとして支持・指名されている大きな理由でもあります。
サックスやホワイトをはじめ、チェック柄などもラインナップしています。

 

11

 

12

 

13

 

 

■GERMANO(ジェルマーノ)

デザイナー:デザインチーム

1952年にナポリ近郊のサレルノで創業したパンツ専業ブランド、『GERMANO(ジェルマーノ)』。
イタリアの伝統的なサルトリアーレの手法を継承し、現在でもかたくなにメイド・イン・イタリーにこだわり続けている稀有な存在です。

 

14

 

15

 

16

半世紀もの長い歴史の中で培われたパンツ作りの技術と経験は、
ヒップを包み込む独自の設計や、見事なアイロンワークによる生地のクセ取りに見ることができます。
老舗でありながらトレンドにも精通しており、製品染めモデルをラインナップするなど、常にトレンドを意識したスタイルを提案しています。

最後に。
「PITTI IMAGINE UOMO」会場のファッショニスタたちを少しご紹介致します。
世界中から集まったファッションエディターのスタイリングは、どれも参考になりますね。

 

17

 

18

 

19

 

20

 

21

 

22

 

23

コーディネートの着こなしや、色使いなど、オシャレな方々ばかりでした。
今季は是非、クラシコイタリアに注目してみて下さいね。

皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。