Blog

2016.03.11 Buyer's Blog

2016年春夏の海外バイイングのレポート!

バイヤー
髙垣 佳代子

今回は「LONDON」⇒「NEW YORK」⇒「PARIS」⇒「MILANO」⇒「JAMAICA」を巡る海外バイイング。(2015年9月~10月)

本日は「NEW YORK編 Part.2」をお届け致します!

 

1

 

3

皆様にお知らせがございます!

2016年3月から「MARC JACOBS (マーク ジェイコブス)」と「MARC BY MARCJACOBS(マーク バイ マークジェイコブス)が統合され、新生「MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)」の誕生となります。

今までの「MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)」に加えて更にバックや小物類が増えてご提案の幅が拡がります。

是非、チェックして頂けますと幸いです!

4

 

5

お洋服もアメリカンをテーマに「MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)」ならではのコレクションがずらり。

ランウェイを飾ったコレクションはため息が出るほどの凝った商品が並んでいます。

 

6

 

6-2

トレンチコートのライナーは大胆な星条旗になっていて、さすが!
マークのニューヨークに対する愛情の深さを感じます。

 

 

7

フリルのデニムブラウスはガーリーな部分と拘りがギュッと詰まってます。

 

2

バックコーナーの入口ディスプレイもユーモアもあって拘りアイテムが飾られてます。

 

8

 

 9

 

10

カラフルなラインナップや、アクセシブラインも登場して益々「MARC JACOBS (マーク ジェイコブス)」の幅が広がりそうです。

11

「MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)」 ¥67,000+TAX

「MADISON (マディソン)」のシリーズはパイピングがポイント。

使い易い大きさのショルダーバックです。

 

12

「MARC JACOBS (マーク ジェイコブス)」 ¥64,000+TAX

「RECRUIT(リクルート)」のシリーズはフロイントのジップディテールがポイント。
カウレザーでも軽くて持ち易いので旅行でも活躍しそう!

 

13

「MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)」¥33,000(+TAX)

「GOTHAM CITY (ゴサム シティ)」シリーズのお財布もフロントのジップが効いてます。

14

 

15

 

15-2

それぞれの商品は勿論、ディスプレイにもこだわっています。

16

 

17

中でもお宝コレクションが登場!

ゴールドのブーツは何と、400万円、、、
パイソンレザーにパッチワークとビジューやパールが付けられてまるで芸術品の様。

美術館にも飾られそうなシューズにうっとりです。

 

 

18

「MARC JACOBS(マークジェイコブス)」のショールームに飾ってある薔薇の種類も色もMARC JACOBS 氏の拘りの指定カラーと決められています。

拘りの域が空間全てにおいて表現されているのです。

さすがですね。

 

19

 

19-2

日本でも人気ですが、NEW YORKで「BLUE BOTTLE(ブルーボトル)」コーヒーは大人気。

シンプルな店内でゆっくりコーヒーを飲んでホッと一息。

20

 

21

この春PARIGOTに初登場の「DEREK LAM 10 CROSSBY(デレックラム テンクロスビー)」。

NEW YORK のSOHO近くにある「DEREK LAM(デレックラム)」のショップの住所をブランド名にしたディフュージョンラインです。

コンテンポラリーでスタイリッシュなライフスタイルに遊び心を加えた服作りがテーマ。

 

22

今季はエスニック要素が詰まったコレクションが登場!

刺繍ディテールや、パイピングもガーリーな中にこだわりを感じます。

 

23

「DEREK LAM 10 CROSSBY(デレックラム テンクロスビー)」の人気定番のシャツワンピース。

フロントをお袖でウエストマークするのがポイントです。

 

24

オリジナルテキスタイルのロングワンピースは甘すぎず大人っぽくも着れちゃう一枚。

リゾートにも持って行きたいアイテムです。

25

 

27

続いては「rag & bone(ラグ&ボーン)」のSHOWROOMへ。

コレクションの映像がデジタルサイネージで流れていて素敵な空間に。

26

コレクションのLOOK はパネルでもじっくり見れます。

28

今季はイエローのキーカラーがオススメ。

ニットのプリントを転写した様な柄のオリジナルテキスタイル。
ノースリーブのブラウスなのでボトムスのイメージで色々なコーディネイトが楽しめそうです。

 

29

シンプルなワンピースもお袖のロールアップや、襟の抜け具合が今季の気分です!

30

「rag&bone/JEAN」のコレクションも素敵な商品が沢山!

33

バイヤスになってるボーダーカットソーはフロントのねじりがポイント。
ワイドボトムスとの相性もバッチリです!

34

「rag&bone/JEAN」からもクラッシュジーンズが登場です!

今季、PARIGOT でも「rag&bone/JEAN」のデニムのラインナップが充実しますので、お楽しみに!

35

 

36

 

37

 

38

本日のバイイングも終了~!

今夜のディナーは、「Ludlow HOTEL」の中にあるオシャレなレストランにやって来ました!
今、オシャレピープルに人気のレストランとの事で、ワクワク!

店内の雰囲気も素敵でしたが、お料理も美味しくて人気の秘訣が分かりました!

次回、「NEW YORK 最終編」をお届けします!
お楽しみに!!