Blog

2016.01.07 Buyer's Blog

2016年春夏バイイング メンズ編Part.1

バイヤー
遠藤 智和

こんにちは、バイヤーの遠藤です。

2016年がスタートしましたね。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

店頭ではセールが開催される中、早くも春夏のコレクションも一部入荷を始めている時期となっています。
さっそくではありますが、2016年の最新コレクションを少しご紹介致します。

■rag&bone(ラグ&ボーン)

2002年に、マーカス・ウェインライト(Marcus Wainwright)とデヴィッド・ネヴィル(David Neville)が「rag&bone(ラグ&ボーン)」をスタート。
パターンやカッティング・縫製などのクオリティの高さ、そしてディテールへの拘りを持つラグ&ボーンのアイテムは毎回物づくりへの愛情を感じます。

 

1

 

2

 

3

スタンダードなシャツにもデザイナーのこだわりがたくさん詰まっている1枚です。
生地のクオリティやボタンディティールなど、手を抜いていないアイテムは着るたびに楽しくなりますね。

 

4

 

5

ボーダーのカットソーも、バイアスに生地を取ることで雰囲気が変わり、色使いも素敵です。
肌触りも抜群に良いカットソーです。

 

■Stephan Schneider(ステファンシュナイダー)

ドイツのデュースブルク生まれのステファン シュナイダー(Stephan Schneider)。
90年にアントワープ王立美術アカデミーに入学し、94年に主席で卒業した実力派デザイナーです。
王立美術アカデミーでの卒業コレクションが好評を博し、同年、パリのファッションウィークに出展する栄誉に恵まれ、その場で各国のバイヤーからオーダーを受注。
その後、2001S/Sからパリコレクションに参加しているブランドです。

 

6

 

7

 

8

2016年のコレクションは、Flaga(国旗)がキーワード。
様々な色や柄のある国旗を、テキスタイルやパターンで表現したステファンシュナイダー氏。
鮮やかな色使いや、ユニークなテキスタイルが多く、独自の世界観を表現しています。

 

9

 

10

 

11

 

12

インスピレーションが豊富なステファンシュナイダー氏のコレクションは、毎回刺激を受けます。
生地の使い方や色使い、スタイリングなど、とても勉強になります。

2016年も様々なブランドが入荷致します。
人気のコレクションブランドから新しいブランドまで、今年も充実したラインナップとなっています。
少しずつではありますが、この場をお借りし、またご紹介をしていきますね。
店頭でも徐々に新シーズンの入荷も始まっております。

皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。