Blog

2015.12.24 Buyer's Blog

2015年秋冬バイイングin Japan メンズ編Part.21

アシスタントバイヤー
末次 勇太

こんにちは、アシスタントバイヤーの末次です。

 

クリスマスの時期になり、街ではクリスマスの音楽やイルミネーションなどで華やかになっていますね。

それと同時に今年も残すところあとわずかと、2015年も終わりを迎えようとしています。

 

今年はアクセにとっても節目となる90週年を迎えた年となり、丸の内店のオープンや松山店のオープンなど、これからの100年へと向けて進化をしていく序章となる1年となりました。

これもひとえに、日頃より弊社に携わって頂ける全ての方々のお陰です。

感謝申し上げます。

 

さて今年最後の私のブログは、2015年AWシーズンを様々なブランドで振り返って参ります。

 

■Stephan Schneider (ステファン シュナイダー)

1

2

3

 

コレクションはクラシックなボードゲームの一つ”スクラブル”(SCRABBLE)からインスピレーションを受け、うまく服に落とし込んだアイテムが勢揃い。

 

■JOHN LAWRENCE SULLIVAN (ジョン ローレンス サリバン)

4 5 6

 

 

2015A/Wのジョンローレンスサリバンが訴えたのは「未来的な空間」

近未来テーラードを表現したチェスターコートやジャケットには新しいディテールでそのテクニックを披露し、思わず近くで見たくなるアイテムが揃いました。

 

■ato (アトウ)

7

8

9

テーマは「アーバン ライダース」。

乗馬を楽しむ人々、都市を疾走するスケートボーダーやバイクライダーに焦点を当て、機能性を重視しつつも、洗練された美しさをもつ仕上がりなったコレクションを見せてくれました。

 

■yoshiokubo(ヨシオクボ)

10

11

12

砂漠の生活からヒントを得た要素が散りばめられています。

砂の色や太陽の色、野生の動物や遊牧民の人々の暮らしなどの要素は、yoshiokuboの特徴でもある複雑なパターンやテクニカルな素材、オリジナルプリント、色使いなどによって、現代的で躍動感ある服に落とし込まれていましたね。

 

■Scye(サイ)

13 14 15

クラシカルなテーラリングに、スポーティな要素をミックスしたレイヤードスタイルを提案するScye(サイ)。

ブランドのアイコンでもある「ウールメルトンコート」はもちろんのこと、それら以外のチェスターコートやセットアップスーツなど、でれも洗練されたアイテムばかり。

 

■A.P.C.(アーペーセー)

 

16

17

 

18

 

 

今季はベーシックなアイテムと程よくゆとりのあるアイテムも多く、フレンチスタイルにリラックスな雰囲気をプラスしたスタイリングです。

洗練されたフレンチスタイルはまさに今の気分にぴったりでした。

 

■08sircus(ゼロエイトサーカス)

19

20

21

静かでありながら力強さのあるコレクションを展開。

ブランドが得意とする軽さと着心地を両立させたテーラリングをベースに、テクニカルな素材感が特徴です。

 

■VALLIS by FACTOTUM(ヴァリスバイファクトタム)

22

23

24

ファクトタム(FACTOTUM)から、新ラインのヴァリス バイ ファクトタム(VALLIS by FACTOTUM)がデビュー。

ファクトタム従来の技術やエッセンスを受け継ぎつつも、ベーシックであることにこだわった新ラインです。

 

■soe(ソーイ)

25 26 27

 

今シーズンはデザイナーの伊藤壮一郎氏が、90年代中期に通った伝説のショップ“NEVER LAND”の、当時のアーカイブコレクションからインスパイアされた本コレクションとなっています。

サイズ感や所々に散りばめられているビビッドな色遣いが特徴的に表現されています。

 

■NEIL BARRETT(ニールバレット)

 

テーラードジャケットや、セットアップスタイルは美しいシルエットです。

ミニマルな中にも、素材感や細かいディテールのテクニックが光ります。

282930

 

 

■TODD SNYDER(トッドスナイダー)

31

32

33

セットアップスーツのミニマルなスタイリングや、アウターなども今季は充実でした。

また、ミリタリー要素もうまく融合させた、力強く、男らしいルックは迫力があります。

 

■TATRAS(タトラス)

34

2015AWコレクションは、洗練されたアーバンスタイルをイメージしています。

スポーティファッションやエレガンスミリタリー、リュクスなファー使いなど、ハイスペックの中に高級感とファッション性をMIXさせた上質なアウターコレクションを展開してます。

 

まだまだここではご紹介しきれないほど、たくさんのブランドが今年もファッション界を大いに盛り上げてくれました。

さて、来年はどんな1年になるか今から楽しみですね。

本当に皆様、今年1年も誠にありがとうございました。

 

2015年も12月31日まで全力で営業をしております。

皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。