Blog

2015.12.10 Buyer's Blog

2015年秋冬バイイングin Japan メンズ編Part.20

バイヤー
遠藤 智和

こんにちは、バイヤーの遠藤です。

今年も残すところあとわずかになりましたね。
気候も一気に冬らしさを増し、毎日寒い日が続きます。
今回は冬には欠かせない、注目のアウターのご紹介を致します。

 

■BARK(バーク)
設立:2008年
デザイナー:デザインチーム

 

イタリアで創業したニットウエアーブランド『BARK(バーク)』はOZONE社によって立ち上げをしたブランドです。

長年ニットウエアーに携わった経験を持つデザイナーPaolo Pierottiの専門知識は、生産工法や特殊なテクニック、古き良きディテールのデザインと現代的なシルエットの融合がバランスも良く絶妙で仕上がりになっています。

 

2011AWで発表されたニットダッフルは世界各国で数々のメンズ雑誌に登場し、世界中のファッショニスタから絶大な支持を受けた、注目のブランドです。

 

1

 

2

一点モノのような物作りを目指し、「Bark編み」と呼ばれる特殊な編み地を開発。
この編み地は、特許を取得している“Bark(バーク)”にしかできない技術です。
様々なアイテムをこの特許技術を駆使し、驚くほどのあたたかさを実現したニットアウター作り出しています。
中でも、こちらのニット製の「ダッフルコート」は、ブランドを代名詞的存在となって世界中で人気を集めています。

 

3

イタリアやニューヨークなど、世界のファッションウィーク中の街中ではファッショニスタなどが、必ずと言って良いほど着用しているコートです。

 

 

 

 

■COSAELS(コサエルズ)

デザイナー:デザインチーム

ワークスタイルやミリタリースタイルにエスニックテイストを加えたブランドです。
国内の有名ブランドのOEM生産を手がけてきたデザイナーが立ち上げ、ミリタリーやワークなどのテイストを取り入れつつデザインをアレンジ。
ベーシックながら細かいディテールまで凝った作りでパターンも今っぽく仕上げています。

4

 

5

日本人らしい農耕的マインドで物づくりを行うことに力を入れ、
メンズファッションの源流であり、欠かすことのできない永遠のテーマだと考えています。

 

6

まだまだ店内には、バリエーション豊富にアウターを取り揃えています。
これから寒さが厳しくなる季節ですので、お気に入りのアウターを是非見つけてみてくださいね。

皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。