Blog

2015.10.16 Buyer's Blog

2015年秋冬バイイング in Japan レディース編 Part.7

アシスタントバイヤー
大原 由実子

こんにちは。アシスタントバイヤーの大原です。

今回は「2015年秋冬バイイング in Japan レディース編 Part.7」をお届けします。

 

■「mina perhonen(ミナ・ペルホネン)」

1

創立20周年を迎えた今季のテーマは「コク」。

 

料理に例えると、じっくりと時間をかけて、様々な素材や技術を煮詰めたスープのようなもの。

丁寧なクリエイションを通して、これまで築き上げてきた経験を振り返り、そこにスパイスを加えるように、新しいイメージを創り出す積極的な姿勢を加味していく。

2

夜空に舞う雪が月光を浴びて輝く様子を表現した「snow light」のコートは、ドット部分にシルク素材を使用し、受ける光や角度によって微かな光を返す仕様に。

 

3

空と雲がまるでチェック柄のように細かく交差している「sora check」のカットソー。

 

4

ひらひらと優雅に舞っている蝶がゆっくりと舞いながら空とのコントラストを描いている「slow dance」のワンピース。

 

どこか懐かしさも感じる柄や、定番の柄など・・・20年が凝縮されたようなコレクションに。

5 

6

 

もちろん、今季も小物もたくさん入荷しています。

これからギフト需要が増えるシーズンにピッタリのアイテムですよ!

 

デザイナーの皆川明さんからもアクセの90周年のお祝いコメントを頂きました。 

7

 

鳥の顔が皆川さんにも見える美しいフォルムの鳥の絵は、どこか神々しくもあります。

繊細な手描きのタッチは皆川さんのこだわりの一端を感じ、貴重な宝物になりました!

お忙しい中、本当にありがとうございます。

24 (1)

展示会の後には交流会が開催されて、色々な地域のバイヤーさん方との交流が出来る場があるのも皆川さんの心配りを感じます。

 

24(2)

24-(3)

お料理は全てミナの社員の方々の手作りという事で、おもてなしの心遣いに感動!

お料理もとっても美味しかったです。

ゲームもあったりと楽しいコンテンツが満載でした!

 

皆川さんや、スタッフさん方のお心遣いには本当に癒されました。

 

これからのミナの未来に向けて是非共に頑張って頂きたいです!

今後共宜しくお願い致します。

 

■「coohem(コーヘン)」

8

ニットテキスタイルという素材の持つ無限の可能性を追求するブランドとして2010年よりスタートした「coohem(コーヘン)」。

今季5周年を迎えます。

9

極上の滑らかさが特徴のカシミヤを100%使用した肌あたりの良いプルオーバーニット。
グリーンとライトブルーの2色の糸を使用した、華やかな色味の一着です。

10

まるでアート作品と表される、「coohem(コーヘン)」を代表するニットツイードジャケット。

ニットなので、軽く、着心地の柔らかさも特徴です!

11

コーヘンならではのカラフルなツイードがポイントのチュニック。
ゆったりとしたシルエットでラフな着こなしを楽しめます。

 

「coohem(コーヘン)」ディレクターの大江さんからもこんなに素敵なお祝いコメントを頂きました!

12

様々な糸を組み合わせた「祝」の文字。

 

糸にこだわっていらっしゃるブランドさんならではのこだわりを感じました!

お忙しい中、手作業で作って頂きまして大変有難いです。

横顔のマークが大江さんの特徴を良く捉えていて、思わずクスッとなっちゃいました。

 

 

■「antipast(アンティパスト)」

13

一面に飾られたソックスの演出が圧巻の「antipast(アンティパスト)」。

世界に誇る日本のソックスブランドです。

14

15

16

引き続きトレンドのスポーティなものから、定番人気の柄のアイテムまで幅広く揃います。

秋冬なのでタイツの入荷も・・・なかなかカワイイのが見つからない!という方にぜひご紹介したいブランドです。

 

今季もお洋服も入荷してますので、要チェックです!

17

 

18

世界にも数台しかないソックス専用の織り機を使用して作られたテキスタイルを組み合わせており、

「antipast(アンティパスト)」にしか作れないアイテムの数々です!

どこかぬくもりを感じるアイテム達は、デザイナーさん方の人柄を感じさせます。

 

「antipast(アンティパスト)」のデザイナーの加藤さん、地主さんから届いた90周年のお祝いコメントはこちら。

19

商品と同じく、とても手の込んだデザイン画を拝見した時はたいへん感動しました。

パリゴが23周年という事で同じ頃のアーカイブからの柄との事・・・色のグラデーションも繊細です。

 

これからもお二人にしかできないコレクション、楽しみにしております。

 

25

先日はお二人が尾道に遊びに来て下さり、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

 

 

■「VENERTA(ヴェネルタ)」

イタリアで「Neil Barrett」のアシスタントを経験したRiho IchinoseとグラフィックディレクターのJOSEPHが立ち上げたニットウェアブランド「VENERTA(ヴェネルタ)」。

 

1900年代初頭に開発されたヴィンテージウエアの代表格、スウェットシャツを裏毛素材から繊細な糸に置き換え、ヴィンテージスウェットの雰囲気をニットで表現。

スウェットのカジュアルさと繊細なニットの上品さを持ち合わせています。

20

定番人気のロゴスエットは着心地もバツグンです!

21

22

今回、パリにあるファッション関係者御用達の「TEN BELLES」というカフェとのコラボアイテムも入荷しております。

完売必至ですので、気になられたらお早めに〜。

 

「VENERTA(ヴェネルタ)」のデザイナーさんからも90周年のお祝いコメントが届きました!

23

ロゴスエットのモチーフとしても人気のスマイルマークを取り入れて下さいました。

「with a smile」のコメントのように、笑顔を忘れず、100周年に向かって邁進していきたいと思います!

 

 

ブランドさんそれぞれのカラーが色濃く出るお祝いコメントを頂きました。

こんなにたくさんの方々にお祝いして頂けて、本当に有難いです!

皆様に感謝致します。

お祝いコメントはこちらから

 

次回は「2015年秋冬バイイング in Japan レディース編 Part.8」をお届けします。

お楽しみに!