Blog

2018.11.25 Buyer's Blog

2018年秋冬バイイング in Japan レディース part.10

アシスタントバイヤー
浅上 京子

こんにちは、アシスタントバイヤーの浅上です。 
 
今回の「2018年秋冬バイイング in Japan レディース part.10 」として、 
「CLANE(クラネ)」「GREED international(グリードインターナショナル)「RIM.ARK(リムアーク)」を一挙にお届け致します!
 
■「CLANE(クラネ)」
 →PARIGOT ONLINEでCLANE(クラネ)をご覧になるにはコチラ PCスマホ

 

今季は旬なテイストをさり気なく取り入れた、ブランドらしい洗練されたスタイルを提案。
毎年人気のニットアイテムは素材や編み方、そしてシルエットの組み合わせによって、
見るものに異なる表情を与えていきます。
 
「CLANE(クラネ)」といえば毎年秋冬大人気の3Dニット!
ケーブル柄とフロントには立体的な3Dケーブル編みでシンプルながらも存在感のあるデザインに。

ハンドメイドで仕上げたショート丈のケーブルニット。
手編み独特の膨らみと、こっくりとしたカラーリングが暖かみのあるアイテム。

 


 
立体感のあるフリルがポイントのワンピース。
トレンドライクのクラシカルなチェック柄はデイリーからパーティー用にもぴったりです。


 
トレンドのキルティングコートは、テントラインにする事でカジュアル過ぎず女性らしい印象になります。
ヨークにギャザーを施したことで、バックスタイルまで抜かりないデザイン。
比翼仕立てや裾のステッチ等、細かいところまでこだわりのつまった1着です。

 
■「GREED international(グリードインターナショナル)」
 →PARIGOT ONLINEでGREED international(グリードインターナショナル)をご覧になるにはコチラ PCスマホ
 
今季は柄×柄や、キーカラーのオレンジを効かせたラインナップが揃います。
光沢感やジャガードなど素材感際立つオリジナルテキスタイルがおすすめです!
 
ジオメトリックジャガードシリーズ。
フランスの多彩な素材を織り込んだジャガードが得意の老舗ファブリックメーカー「DUTEL(デュテル)」社の素材で作られたアイテム。
多種の糸を織り込み、作られたモノトーンの幾何学模様をフリンジで表現しています。

 


 
ロング丈のタイトスカートバージョンも。
モノトーンベースでシンプルなシルエットだからこそ、コーディネートの幅が広がります。


 
フラワージャガードシアーブラウス。
20デニールの細番手のナイロン糸・キュプラの強撚糸・綿糸・スパンレーヨン糸を使用したオリジナルジャガード素材です。
全面花柄のカットジャガードが華やかで、これから忘年会やクリスマスのイベント用に最適!

 


 
シャネルのツイードを作られてる事でも有名なフランスのファンシーツイード老舗メーカーである「マリアケント」素材のコート。
多種類の糸からなる暖色系大判のチェック柄にフリンジをあしらい、動く度に揺れるフリンジが印象的な逸品。

 

「GREED international(グリードインターナショナル)」オリジナルチェックシャギーのロングコート。
モヘアやアルパカをミックスしたMADE IN ITALYの高級素材を使用して、心地よく滑らかで柔らかい風合いは一度羽織るとやみつきになります。


 
■「RIM.ARK(リムアーク)」
→PARIGOT ONLINEでRIM.ARK(リムアーク)をご覧になるにはコチラ PCスマホ



 
今シーズンは、旅先で出会った景色や建築物、アートなど、目に、
心に焼きついたシーンから着想したコレクションを展開。
アーティストさんとのコラボもあり、今季はアーティスティックムードが漂うラインナップです。
 
ミディ丈のフレアスカートは、オリジナルテキスタイルをランダムワッシャー
にする事でひとつひとつ表情が異なる表面感に。
 
無造作に積み重なった図形の建築や光からインスパイアを受け、
重なり合う色の陰影にもこだわった配色を多角形にのせたジオメトリックパターン。


 
「RIM.ARK(リムアーク)」人気のワイドボリュームカーディガン。
身体を包み込むようなボリュームシルエットに、柔らかなニットが心地よくリラクシームードをプラス。

 


 
 
タッチや表情の異なる糸を織り混ぜたミックスヤーンロングコート。
鮮やかやカラーリングは、一枚でコーディネートの主役になるアイテムです。
大胆な断ち切りデザインにすることで、エレガント過ぎずラフな抜け感を演出。

 


 
スーパー110’sの上質ウールを使用したラップコート。
取り外し可能なマフラー付きで、コーディネートに合わせてアレンジ自在に。

 

 

 


 
サイドプリーツジャガードスカート。
旅の帰り際に見たギャラリーのウインドウからインスパイアを受けたテキスタイル。
太いブライト糸とモール糸の2種類を織り込んだオリジナルのジャガード生地は、あえて両方の糸を同色にした事で、
単色に見える生地の表面に浮き立つ柄を表現されています。

 


 
展示会場では、オリジナルテキスタイルの着想源となる写真が公開され、コレクションの過程を垣間見れました!
 
「RIM.ARK(リムアーク)」デザイナーの中村真里さんのこだわりとブランドの世界観に包まれた空間でした。

 


 
今回ご紹介しきれなかったアイテムがまだまだ沢山あります!
気になったアイテムはパリゴ各店、パリゴオンラインまでお問い合わせくださいね。
 
2018年秋冬バイイング in Japan 編は今回で終了です!
 次回からは2019春夏バイイングをお届けしますね!!
 
 
お楽しみに!

————————————————-
◇公式instagram◇
◇公式メンズinstagram◇
PARIGOT ONLINE:http://www.parigot.jp/
————————————————-

 


≪他のブログを読む≫
◇早い者勝ち!アウターフェアの注目コート!
◇絶対お得な4日間!10%OFFイベント開催!
◇マリベルジーンから待望の美シルエット☆☆冬のタイトスカート☆☆
◇2018年秋冬バイイング in Japan レディース編 Part.9
◇プラスワンで季節感を!おすすめのパリゴオリジナルアイテム3点 ♪