Blog

2015.03.11 Buyer's Blog

2015年春夏バイイングin Japan メンズ編Part.1

メンズバイヤー 遠藤 智和

こんにちは、バイヤーの遠藤です。

3月に入りましたが、まだまだ寒さを感じる日もあるこの季節。
店頭ではすでに春物の商品が出揃ってきています。

今回は2015春夏バイイングの中からピックアップしたブランドをご紹介します。

■Stephan Schneider (ステファン シュナイダー)

1 2 3

“スメールス ライク ソフト(Smells like soft)”と題した今季のコレクション。
やわらく、優しい香水の香りをファッションで表現。
香水のボトルのプリントや色使いが上品です。

4 5 6

また、コーディネートのカラーバランスやレイヤードもお手本になります。
Stephan Schneiderの展示会に行く度に、毎回クリエーションの高いテーマには驚かされますが、
今季も同様に香りを表現した、デザイナー独特の世界観をうまく服に落とし込んでいます。

■JOHN LAWRENCE SULLIVAN (ジョン ローレンス サリバン)

7 

8

9

今季は得意のテーラードにスポーティーとミリタリーを融合。
ストイックでシャープな男性像を表現した、今回のコレクションは迫力があります。
その大きな特徴は、ディティールと素材使い、そして色使い。

トーマスメイソンと別注したシャツや、メッシュディティールが施されたカットソーなど、新しいテクニックが随所に見られます。
「ストイックな大人の戦闘服」と題した、デザイナーの意志が伝わってくるコレクションは必見です。

10

11

■ato (アトウ)

12 13

15SSテーマは、実用的や万能という意味をもつ「UTILITY」。
豊かなデザイン性を生む、異なる素材の組み合わせがキーポイントとなっています。
ミリタリーアイテムには、モダンなエッセンスをプラスし、デザイン性の高いアイテムが並びます。

機能性の高いミリタリーのアイテムに、ひねりのあるアクセントを加えて、モダンなスタイルを提案するコレクションに注目です。

14 

15

このSSジーズンも、モードの流れにはそのままに、スポーティやミリタリーの要素をうまく融合したコレクションがリードしています。
PARIGOT MEN’Sでは、トレンド感のあるアイテムをはじめ、クリエーションの高いコレクションが今年も店頭に並びます★

どうぞご期待下さいませ。

皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。