Blog

2015.07.02 Buyer's Blog

2015年春夏バイイングin Japan メンズ編Part.13

メンズバイヤー
遠藤 智和

こんにちは、バイヤーの遠藤です。

すっきりとしない天候が続き、じめじめしていますが、梅雨が明けると夏はすぐそこですね。

今回は、新作小物のご紹介です。
露出が多くなる夏は、アクセサリー小物を身に着けてスタイリングするのも良いですよね。

■HAMILTON(ハミルトン)

1892年、アメリカ合衆国ペンシルバニア州ランカスターで創業したハミルトンは、常にアメリカの歴史と歩みを共にしたブランドです。
高精度の鉄道用懐中時計の開発に始まり、その名を広めて鉄道公式時計の称号の獲得、さらには航空会社のにも公式時計を供給するほどにもなった歴史あるブランドです。
また、第二次世界大戦ではアメリカ軍に100万個以上の軍用時計を納入し、その後は創造性に富んだモデルを次々に発表しています。
世界初の電池式腕時計「ベンチュラ」をエルヴィス・プレスリーが愛用していたことも有名です。
さらには、LED式デジタルウォッチ「パルサー」や、世界初の自動巻きクロノグラフ・ムーブメントを搭載した「パン ユーロ」など、革新的なモデルを世に送り出しています。
生産拠点は現在スイスで、アメリカの伝統と高い技術を持つスイスウォッチの融合した腕時計は今新たな時代を切り開いている注目の時計ブランドです。

1

HAMILTON(ハミルトン) Jazzmaster GMT

オールブラックのジャズマスターは世界限定999本で、とても希少なモデルになります。
GMT針にシルバーではなく明るい色を使う事で、見た目のアクセントを利かせながらも、ジャズの基本であるドレススタイルは損なうことなくシックな雰囲気に仕上げられています。
GMT機能(24時間の第二時間帯表示機能)の他に世界の各都市が刻まれたインナーベゼルを採用し時計としての機能も充実したモデルです。

 

2

HAMILTON(ハミルトン) Jazzmaster Viesmatic Skeleton Auto

シャープでマスキュリンな印象のジャズマスタービューマチック スケルトン。
ドレスアップしたシーンから日常まで、様々なシーンに映えるスマートなデザインが魅力です。
フルスケルトン仕様のスタイルを左右すると言われ る文字盤は、ゆるやかなラインでカットアウトされ、モダンで都会的なスタイルに仕上げています。

 

 

■Ray-Ban(レイバン)

Ray-Ban(レイバン)は、世界で最も象徴的なアイウェアブランドで、その分野の世界的リーダーと言っていいくらい世界中に愛用者もいます。
1937年の誕生以来、光学技術に裏づけされた性能と卓越したデザインで、多くのプロフェッショナルに支持されてきました。
1961年に銀幕デビューを皮切りに、レイバンのサングラスは映画の何百を通じて登場しているとの両方にして、画面オフ、年間、ハリウッドのシーンで愛用されてきています。
時代を超越し、想像力豊かなスタイルで、一貫してハイテクデザイン、レンズ、および材料をブレンドしています。
継続的に今日のファッションの要求を満たすために進化しながら、コレクションはその古典的な遺産に忠実ままあるのも魅力です。

3

 

 

4

 

Ray-Banコレクションの中でも、もっともクールな印象のサングラスです。
アイコニックなWayfarerにインスパイアされ、新鮮なグラデーションカラーのフレーム、新しい魅力的なレンズカラー、ラバーコーティングされたマットな質感とカラーのマッチングが新鮮なモデル。
レンズのスペックはグリーングラディエントを採用しています。
グラディエントレンズはトレンド感もあり、ユニークなルックスを幅広く提供します。

夏に向けてアクセサリーの準備をしてみてはいかがでしょうか。
店内にはまだまだたくさんの小物もご用意しております。
是非お気に入りのひと品を見つけてみてくださいね☆

皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。