Blog

2018.03.13 Buyer's Blog

2018春夏バイイング メンズ編vol.3

アシスタントバイヤー
岡本 浩孝

こんにちは、アシスタントバイヤーの岡本です。

今回は2018SSクラシコ編として、TAGLIATORE【タリアトーレ】、
LARDINI【ラルディーニ】をご紹介させて頂きます。

2018SSのテーラード市場は全体的にブラウンやベージュ、
アイボリーなどに代表されるアースカラーが中心になっています。
先ずは絶対的な安定感を誇るタリアトーレをご紹介致します。

タリアトーレのディスプレイもやはりアースカラーで柔和な印象です。
今まで秋冬のアースカラーというのは定番でしたが、春夏のそれは新鮮でした。

 

そしてラックを見ても分かる通り、昨今の英国調の流れは今季も継続です。
今季は5対5ぐらいの割合で無地と柄が提案されています。

こういったテーラードの世界はトレンドが無く思われがちですが、色や柄、
ラペル幅やボタン数まで毎シーズン違いがあります。
そういった事を加味し、今回ピックアップしたアイテム達がこちらです。

 

やはり今季英国調は外せません。
チェックの色がベージュの生地のものもあったのですが、弊社ではより色気の出るものをという観点からベースはアイボリーでチェック色はグレーにしました。
柄は英国調ですが、ウエストを絞ったイタリアらしいシルエットがタリアトーレの魅力です。

 

もちろん鉄板のネイビーもピックアップしております。
ネイビーというよりネイビーとブルーの中間のような絶妙な色味です。
写真はダブルですが、入荷はシングルです。

 

個人的大プッシュはこちらの霜降り柄です。
トレンド的とは言えませんがこういった表情が面白く、突飛でない生地は何年も着続ける事ができるのであれば絶対に活躍してくれます。

 

そして、ラルディーニです。
ラルディーニではタリアトーレと異なり、今回は春ニットの柔らかいジャケットやラルディーニが得意とする麻混のジャケットなど面白い提案でした。

→PARIGOT ONLINEでLARDINI(ラルディーニ)をご覧になるにはコチラ PCスマホ

 

今まで弊社では取り扱いの無かったニットジャケット。
ON/OFFは勿論ですが、テーラードにありがちな「ここぞ!」感が無く、非常に着用しやすいです。
こちらはトレンドのアイボリーと普遍的なネイビーをチョイス。

春夏着たい麻混ジャケット。
ネイビー同様グレーはビジネスにも使え、重宝するカラーです。
グレー糸の中にわずかに白糸に撚りをかけることで面白い表情が生まれます。

 

 

普段着ないという方は今季是非トライして頂きたいジレ。
ストライプや無地とバリエーションも揃っています。

テーラードのインナーに着るという概念が強いジレですが、春はレザージャケットやデニムジャケットのようなカ
ジュアル服の中に、夏はTシャツの上にレイヤーするなどオールマイティーに使えます。

是非今季のタリアトーレ、ラルディーニを店頭またはオンラインでチェックして頂ければと思います。

 

ご閲覧頂き有難うございました。
次回のBUYER`S VOICEでお会いしましょう!

 

————————————————-
◇公式instagram◇
◇公式メンズinstagram◇
PARIGOT ONLINE:http://www.parigot.jp/
————————————————-


◇他のブログを読む◇

◇『2018年春夏バイイング in Japan レディース part.5 』
◇ 丸の内カード5倍ポイントアップイベントのお知らせ★
◇ 『簡単にスタイルアップ!』必見ワイドデニム
◇ PARIGOT NEW COLLECTION
◇ 「リピーター続出!!HYKEの名品インナー★」