Blog

2017.12.08

世界の名品ストール。あなたは何派?

パリゴ横浜店 ファッションアドバイザー
持田 彩世子

皆様こんにちは。
PARIGOT横浜店の持田です。
 
 
Christmasシーズンを迎え、自分へのご褒美を考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
冬に欠かせないのがストールですよね。
今回は、パリゴでも毎年大人気のストールについてお話ししたいと思います。
 
まず何と言っても外せないのが、「JOHNSTONS(ジョンストンズ)」


 
ジョンストンズは、1797年に創設されたスコットランド最古の生地メーカー。
1960年代よりニット製品も手がけるようになったが、カシミアなどの高級繊維を主力として手がけてる。
メゾンに生地を提供しており、過去にはエルメスのカシミア製品を手がけたこともあるブランドです。
 
滑らかなカシミアを使用した最高級ストールは、色鮮やかでいつものスタイリングを格上げしてくれます。
ジョンストンズならではのハッとするような美しい発色は目を引きますよね。

 

ボリューミーなサイズでも、ジョンストンズならかさばらず首元に馴染みます。
 
 
現在でも原毛の厳選から紡績、ウィービング(機織)、ニッティングまで手掛ける、英国でも珍しい一貫生産工場をもつメーカー。
プリンス・オブ・ウェールズ殿下によって王室御用達にも認定されているほどの、知る人ぞ知る名品ストールです。
 
 
そして近年、人気急上昇の「BEG&CO(ベグアンドコー)」


 
スコットランドの老舗ストールメーカー。
ベグアンドコーはスコットランドのスカーフ、ストールブランド。
17世紀の昔ながらの伝統的な織り方と毛織物製品の質の高さで有名。
極上の素材や肌触りはもとより、もうひとつ大きな特長は綺麗な発色。
 
イタリアでこのためだけに育てられた、乾燥させたとげのある植物、ティーズルを使い、
生地の表面を優しくブラッシングすることにより、さざなみ状の毛並みが作り出されています。
 
カシミア、シルク、ラムウール、アンゴラといった最上級の天然素材を主とするストールブランドです。
デザイナーと職人たちのチームワークによって生み出されているストールは、愛着が湧きますね。
 
 
そしてグアンドコーは、他のブランドにはない柔らかな発色が持ち味。
ラムウールを使用したストールは、毛足が長めでふわふわとした質感になっています。


 
ふんわりと立体的な印象になり、凛とした華やかさを感じます。
女性的で優しいカラーは、首元に巻くだけで品格を上げてくれるような不思議な力がありますよ。
 
 
 
そして最後にご紹介したいのが、注目ブランド「MA.AL.BI(マルビ)」


 
北イタリアのウールの産地BIELLA地区に本拠を置き、長年にわたって、カシミア、 シルクのストール、スカーフ、肩掛け、帽子などを扱うブランド。
高品質でありながら魅力的なコストパフォーマンスのマフラーを供給してます。
 
マルビは世界的にも有名なブランドの製品も手がけ、その品質だけではなく縫製のクオリティーの高さでも有名。
強めの発色で目の覚める様な鮮やかなカラーは、モード派からの注目度も高いんです。
 
しなやかな質感から、首元に巻いた時に出るドレープ感も非常にきれいです。


 
 
さて、皆様はどのブランドに興味を持たれたでしょうか?
何枚あっても足りないストール。
是非店頭で様々なブランドを比べてみてくださいね☆
 
 ————————————————-
ルミネ横浜店 045-624-9848
平日 10:00 – 21:00  
土日祝 10:00〜20:30 無休(但し、年末年始を除く)
◇公式instagram◇
◇横浜店instagram◇
PARIGOT ONLINE:http://www.parigot.jp/
————————————————-


◇他のブログを読む◇

今年のクリスマスプレゼントは何にしようかな〜!!メンズギフト特集!
◇ ストール不要!冷たい風から守ってくれる優秀チュニック★
◇ 寒さをオシャレのスパイスに!
◇ 2017年秋冬海外バイイング 最終回
一番何にでも合うコートってどれですか?を叶えるオススメチェスターコート◇