Blog

2017.11.24 Staff Blog

2017秋冬バイイング メンズ編 vol.9

アシスタントバイヤー
末次 勇太

こんにちは、アシスタントバイヤーの末次です。

11月も下旬に差しかかり一気に冷え込みが激しくなりましたね。

寒さが厳しくなる季節の到来で、街ではコートを羽織られている方も多くなっています。

本日は、メンズ全店舗でコートフェアを開催中という事で、
コート中心にレコメンドアイテムのご紹介を致します。

 


■MASSIMO BRIANI(マッシモブリアーニ)

1990年にAngelaはパタンナーのエキスパートとして、
Domenicoは販売のエキスパートとして得た
長年に亘る他社での経験を基に自分達の会社を設立。

2008年からは高品質の生地や毛皮を用いて選り
洗練されたコレクションへの資本投資をスタートして、
コートデザインのアイデアのリノベーションも行いメンズラインの
Massimo BrianiとレディースラインのCarla Ponti Luxuryは更なる発展を遂げます。

全ての生産工程を自社内工房にて作成していき、
アバンギャルドな最先端技術の機械と熟練したパタンナーと
デザイナーの職人技術の融合を以て
最良の顧客に唯一無二のコートを届けているブランドです。

 

 


■SCYE(サイ)

 

イギリスのテーラリングを基礎に置いており、
カジュアルでベーシックなアイテムを、より上品にデザインしているブランド。

パターン、デザインなど独自の技術を駆使して作られる、
着心地がよく、馴染みやすい服が人気です。

19世紀のエドワーディアンズタイルに見られる
英国式のテーラリングを、クリエーションのベースに、
現代的な解釈を加え、再構築することで
クラッシックとモダン融合した新しいスタイルを提案しています。

 

人気のウールカシミアメルトンダッフルコートは、
いつも見惚れてしまうくらい秀逸品です。

ディテールにこだわりを見せ、
本物嗜好なアイテムは完売必須ですね。

 


■STEPHAN SCHNEIDER(ステファンシュナイダー)

 

秋冬シーズンのウールコートは
毎シーズン人気を博し、特にフーデットディテールには
多くのファンを持つブランドでもあります。

素材や細かいディテールは、シーズンごとに
アップグレードしていくのもひとつの楽しみなブランドです。

スタイリッシュでありながら、防寒能力も高く、
オンオフでのシーンでも活躍してくれそうなコートです。

 


■VALLIS by FACTOTUM(ヴァリスバイファクトタム)

ファクトタム(FACTOTUM)を手掛ける
有働氏のアナザーライン「ヴァリス バイ ファクトタム(VALLIS by FACTOTUM)」

ファクトタム従来の技術やエッセンスを受け継ぎつつも、
ベーシックであることにこだわったラインです。

素材や縫製はこれまで同様に高品質でありながら、
その控えめなデザインは着回しが効き、
デイリーユースにも適しているのが特徴。

視覚だけでない、触覚や知覚に訴える服が多く、
シンプルなデザインだからこそ、違った角度から存分に、
「着ること」を楽しめるコレクションを展開しています。

 

ベルテッドディテールは今季のトレンドでもあり、
是非取り入れて頂きたいアイテムです。

上質なウールを使用したコートをはじめ、
ニットなどもデザインが効いたアイテムに注目です。

 

現在開催中のコートフェアでは、
多くのブランドから珠玉のコートが見つかるチャンスです。

ライススタイルやシーンに合ったコートが揃っていますので、是非ご覧くださいね。
皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。

————————————————-
◇公式instagram◇
◇公式メンズinstagram◇
PARIGOT ONLINE:http://www.parigot.jp/
————————————————-


◇他のブログを読む◇

◇ 頑張った自分へ、最愛アクセサリー見つけませんか?
◇ いつもの自分をお洒落にバージョンアップしてくれる、魅惑の「巻物アレンジ講座」
◇ パリゴメンズ部門別 オススメコート!
 2017年秋冬バイイング in Japan レディース編 Part.9
◇ 冬本番直前に揃えておきたい!〜ウォームパンツ〜