Blog

2017.08.28 Buyer's Blog

2017年秋冬バイイング in Japan レディース編 Part.3

アシスタントバイヤー
新内 文望

今回は「HYKE(ハイク)」・「ENFOLD(エンフォルド)」・「MADISON BLUE(マディソンブルー)」・「YASUTOSHI EZUMI(ヤストシエズミ)」
の4ブランドを一挙にご紹介致します。
 
「HYKE(ハイク)」
 
「HERITAGE AND REVOLUTION(服飾の歴史、遺産を自らの感性で独自に進化させる)」をコンセプトに、至極のアイテムを作り出し続ける大人気ブランド。
 
今回、「HYKE」では初めてのランウェイショーを開催。
「green(グリーン)」のラストコレクション以来だったので久しぶりのランウエィに興奮しました!
 
 

 ブラックとホワイトを基調にクリーンに仕上げられたこだわりの内装の中で行われ、限られた人数しか見る事が出来ない特別な時間でした。
最新のコレクションは欲しくなるアイテムがずらり!

 コレクションで一際目を引いた「ボンバージャケット」。
 
カーリー加工が施されたムートンがフェミニティな一点。

 圧縮ニットが使用されたプルオーバー。
 
ブランケットのような風合いでこの上ない極上感を味わえます。

 スカーフをイメージして作られた度詰めのリブ編みケープ。
 
ニットとの相性抜群。

長きに渡りファンが多く、万能アイテムとして、リピートする方も多い名品カットソー。
 

程よいボートネックがポイント。

 カシミア100%のリブセーター。
 
カジュアルに着こなすリッチ感がここに。

 ダブルフェイス素材が使用されたワンピ—ス。
 
程よいハリ感としなやかなドレープ感が楽しめる一枚で様になるアイテム。

非常に軽く、端処理が全てハンドで仕上げられた極上コート。
 
芯を使用せず作られている事で柔らかな着心地も特徴です。

 

2013年のブランドローンチから続く定番名品のGジャン。
 
本格デニム生地を使用しており、着こむ毎に自分の身体に馴染み、味を増します。

こちらも定番の逸品コート。
 
 高密度サージ織りの生地に撥水加工が施されたトレンチコート。
 
ハリがある為、シワになりにくく、綺麗に着こなせる逸品。

 

1950年代のMA-1からインスピレーションを受けて生まれたジャケット。
 
中綿入りで長く着用可能です。

 多くの女性から絶大なる人気を誇るダッフルコート。
 
ブラックの地にホワイトトグルがポイントの一点。
 
冬の主役級コートです。
 
 
展示会ではモノクロで写し出されたコレクション風景。


 
 
「ENFOLD(エンフォルド)」
 
隠された美をコンセプトに、身体のフォルムを敢えて隠す奥ゆかしさを表現するブランド。
 
生地にこだわり、着る者を最高に贅沢な気持ちにしてくれるアイテムが揃います。

立体的な造形美が光るブラウス。
 
一枚で様になり、シーンを選ばず着用出来ることで登場頻度が高くなる事間違いなしの一点。

 

こちらもブランドを象徴するワンピース。
 
身体のラインを綺麗に隠してくれる事で安心して着る事が出来る万能アイテム。
 

シンプルなニットワンピースにはトレンドカラーのブラウンをチョイス。
 
トップはフィット感がありながらも、ヒップラインを拾わないのでタイツを履くシーズンでもひっかかりが出ず、安心です。
 

柔らかい素材が使用され、着心地抜群のニット。
 
今シーズンはカラフルな色物をチョイスして。
 

レイヤー風のデザインニット。
 
胸元がブラックの単色になっている事で顔周りはすっきりとしています。
 

定番のウエストゴムスリムパンツにウールが登場。
 
多くの女性から支持される美シルエットパンツ。
 

羽織るだけでこなれ感が出せるショート丈コート。
 
程よいドレープ感と冬の定番カラーであるアイボリーの組み合わせでワードローブに一枚は持っておきたい逸品になりそうなアイテム。
 

ロング丈のノーカラーコート。
 
シルエットの綺麗さで絶大なる人気を誇ります。
 
今シーズンはビビッドなカラー物も登場。
 
お袖の配色もポイントです。
 

シンプルなコーディネートの強い味方。
 
 

「MADISONBLUE(マディソンブルー)」
 
スタイリストの中山まり子さんが2014年にスタートさせたブランド。
 
質の良いものをカジュアルに着こなすをコンセプトに、感度の高い女性から絶大な支持を受けるブランド。
 

ブランドを代表するアイテムであるシャツ。
 
生地のハリ感と大きめの衿で着用するだけでこなれ感が出る逸品。
 
スカートもフィッシュテールで脚を綺麗に見せてくれます。
 

高めに入った裾リブでウエストがすっきり見えるニット。
 
ミドルゲージでも着ぶくれしない優れモノ。
 

冬の気分を盛り上げてくれるロング丈スカート。
 
シンプルなアイテムとの組み合わせも上品に昇格させてくれる逸品。
 

上質なメルトン素材にパール釦があしらわれたクールフェミニンな一枚。
 
綺麗なサックスカラーも新鮮です。
 
 

「YASUTOSHI EZUMI(ヤストシエズミ)」
 
考察、実験、研究をする中でデザインを行い、理由のあるデザイン、結果としての形、色、質感を導き出している頭脳派ブランド。
 

 袖の切換えで女性らしい透け感が出る一枚。
 
Vネックですっきりとしたラインが出ます。
 

 大人が着れるジャンバースカート。
 
タートルとの組み合わせが◎。
 

 ウエストのベルト使いで細見えするワイドデニム。
 

 袖のリボン使いがポイントのニット。
 
他にはないディティールでオシャレ心を擽ります。
 

 ミリタリー調のショート丈コート。
 
スタンドカラーでマフラーいらずの冬の万能アイテム。
 
 
この他にも豊富に秋冬物が店頭に揃ってまいりました!
 
是非お立ち寄り下さいませ!
 
 
次回は、
「2017年秋冬バイイング in Japan レディース編 Part.4」をお届けします。

————————————————-
◇公式instagram◇
◇公式メンズinstagram◇
PARIGOT ONLINE:http://www.parigot.jp/
————————————————-

◇他のブログを読む◇

”旬”な美脚を叶えてくれるAG(エージー)デニム!
まさに奇跡の一本!パリゴ大本命の美シルエットワイドパンツ
◇ オススメ!秋の新作デニム紹介☆
◇ あなたのベストサイズ、教えます!〜HYKE(ハイク)デニムジャケット徹底レポート〜
◇ 今季GETしたい★バックレースアップカットソー