Blog

2017.07.24 Buyer's Blog

2017年秋冬海外バイイングin PARIS編 Part.2

バイヤー
高垣 佳代子

2017年の秋冬海外バイイングは「PARIS(パリ)」⇒「NEW YORK(ニューヨーク)」⇒「MILANO(ミラノ)」⇒「PARIS(パリ)」を巡ります。(2017年1月〜3月)
 
今回は「2017年秋冬海外バイイング in PARIS編 Part.2」をお届けします!
 
本日は「JULIEN DAVID(ジュリアンデイビッド)」のコレクションからスタート!
 
 
今季トレンドのチェック柄も取り入れた最新コレクション。
 
メンズ、レディース共に拘りのパターンや素材の良さが際立ってました。

展示会ではオブジェと共にコレクションがラインナップ。


 
いつも「ジュリアンディビッド」ならではの面白い凝った素材が楽しみなコレクション。
 
今回はジャガード素材をフリンジにあしらったチェック柄。
 
すぐに取り入れられそうなブラウス。
一枚で主役級のアイテムです。


 
打ち込みのよいテーラードコート。
 
マニッシュに仕上げたハンサムコートは色々なコーディネイトに活躍しそう。

 
オリジナル生地のチェック柄シャツは色合いがとっても綺麗な配色。
コートの中でも映えそうです!
 
スタンドネックも今季の気分です。

 
 
こちらも色合いが絶妙なローゲージニット。
 
この秋冬もカラー物は要チェックです!

 
 
ジャガードのカラーブロックが素敵なスカート。
 
透け感も上品でミニマルなデザインが映える逸品です。

 
 
続いてはトレードショーに移動します!
1月のパリは「WHO’s NEXT」の中に「プルミエルクラス」が盛り込まれてます。
 
マスキングテープや付箋をコラージュした看板。

 


 
中のオブジェもまた凝ってます。


 
「TORANOI(トラノイ)」のオブジェには今季押しのカラー、ラベンダーからレッドへのグラデーションが打ち出されてます。

 
館内も美しくディスプレイされてます。


 
トレードショーから移動して、SHOWROOMへ!
 
「Mulberry(マルベリー)」の最新コレクションをチェックします。


 
元「CELINE」のバックデザイナーだったジョニー・コカが手掛けるコレクション。
 
「Small Bayswater」は人気の定番シリーズ。
優しい色合いはシーズンレスで活躍しそうです!


 
新型の「Bayswater Tote(ベイズウォータートート)」が登場しました!


A4も楽々収納出来て、上もキーロックで留めれるので安心感もあります。
 
出張の多い方やキャリアの方にオススメです!
 
 
発色の綺麗な長財布もオススメ。
カードもたっぷり入ります。

 
続いては「GOOSSENS PARIS(グーセンスパリ)」へ!
「CHANEL」等のオートクチュールメゾンの為にジュエリーを作り続ける老舗ジュエリーブランドです。
 
パリの有名なブランド通り、サントノーレのお店も素敵なディスプレイ。


 
新作も登場して人気のコレクションが益々充実しました!


上質な真鍮にストーン使い、色々なシーンで引きたててくれる事間違いなしです!

 
本日のラストは「Y3」のコレクション。
 
エッフェル塔が見える素敵な場所、「PALAIS DE TOKYO」で開催。


 
足元まで「Y3」で決めたオシャレピープルも沢山!
コレクションに招待されてる方々の洋服チェックも楽しい時間です。


 
メンズ、レディースで構成されたコレクションは見応えたっぷり。


 
ランウェイのモデルさんの中に、どこかで見た事のある方が・・・
「三代目 J Soul Brothers(ジェイ・ソウル・ブラザーズ)」の小林直己さんでした!
 
ダンスパフォーマーも素敵ですが、さすがの風格でした!

 


次回、「2017年秋冬海外バイイング in PARIS編 Part.3」をお届けします!
お楽しみに!