Blog

2017.06.08 Buyer's Blog

2017春夏バイイング メンズ編 vol.10

バイヤー
遠藤 智和

こんにちは、バイヤーの遠藤です。

6月に入り、オンではクールビズスタイル、オフではショーツやTシャツなど、スタイリングにも変化の見られる季節になりましたね。
本日は今の季節に着て頂けるブランド・アイテムをご紹介致します。

■Gramicci(グラミチ)

1970年代、アメリカで“ストーンマスター”と呼ばれ、ヨセミテロッククライミングをリードしてきた一人のロッククライマー、マイク・グラハム氏が、当時のクライミングウエアでは満足できず、独自の手法で機能性に富んだウエアづくりに着手し、1982年にカリフォルニアの小さな倉庫で立ち上げたブランド。
「グラミチ」の製品染めと着晒し感のある製品、グラミチパンツとグラミチショーツは伝説的なものとなっています。
180度自然な開脚を可能にした「ガゼットクロッチ」や片手で簡単に調節できる「Webbingベルト」が装備され、機能性にも優れています。

「グラミチ」はアウトドアへの情熱を表現した個性的キャラクター「ランニングマン」がブランドのアイコンとなり、クライマーのみならず、ファッション感度の高い若年層の間に支持を得ています。
グラミチのアイデンティティを守りながら、よりファッションへの幅を広げ、進化し続けているブランドです。

■LIDEAL(リディアル)

「モードなアメリカン カジュアルアイテム」、「無機質とは違ったシンプル+αテイスト」をキーワードに、現代の多様なライフスタイルに対応し、高感度のファッションアイテムを生み出すブランド。
コーディネートも合わせやすいアイテムが多いのも特徴です。

人気「Pure」はリラックスしたスタイルのトラウザーモデルで、膝下からかかったテーパードシルエットと絶妙な9分丈、裾のダブル仕上げがポイントです。
ジャケットスタイルやシャツスタイルにも万能なチノパンは、清涼感のある生地を使用しているので、これからのシーズンに快適に穿いて頂けます。
ショーツやリネン素材のアイテムの入荷もあるので、お好みによってセレクト出来るのも嬉しいですね。

■RIVIERAS(リビエラ)

フランスの雰囲気が漂うリゾートシューズ、RIVIERAS(リヴィエラ)。
40年代後半頃、スペインのコスタブランカの祝いごとで履かれていた靴を、独特な《50’s》ルックを忠実にキープしつつ、モダンにリデザインして誕生したシューズです。

スペインというとカジュアルなエスパドーリュを想起させますが、RIVIERASはカジュアルの枠を超えてスタイリングに活躍します。デザイン性が高く、毎シーズン新しいコレクションを発表し、カジュアルやリゾート、ドレススタイルでも使えるルックスが人気の秘密です。

これから夏へ向けての旅行やレジャーなど、イベントごとにも活躍するアイテムが多数揃っているので、店頭でもご覧ください。

皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。

————————————————-
◇公式instagram◇
◇公式メンズinstagram◇
PARIGOT ONLINE:http://www.parigot.jp/
————————————————-


◇他のブログを読む◇

◇ 2017年春夏海外バイイング in PARIS 最終編
◇ 2017年春夏海外バイイングin PARIS編 Part.2
◇ 2017春夏バイイング メンズ編 vol.9