Blog

2017.03.20 Buyer's Blog

2017年春夏海外バイイングin NEW YORK編 Part.1

バイヤー
高垣 佳代子

 

今回の夏物海外バイイングは「NEW YORK (ニューヨーク)」⇒「MILANO(ミラノ)」⇒「PARIS(パリ)」の3都市を巡ります。(2016年 9月~10月)
(前回までのレポートは6月の春物プレコレクション。今回は2016年の9月、10月の本コレクションになります。)

今回は「2017年春夏海外バイイングin NEW YORK編 Part.1」をお届けします!

気持ちよく晴れたNEW YORK・・・本日はトレードショー巡りからスタートです!

NEW YORKでもすっかりおなじみになった「TORANOI (トラノイ)」。
DJブースもあってキュートなオシャレDJガールもノリノリです!

 

NEW YORK最大級のトレードショー、「COTERIE(コーテリー)」。

今回は人魚をイメージした様なブルーで統一された演出でお出迎え。

新しいブランドあるかな〜?!
ワクワクします!

この春からPARIGOTに新登場!
人気デニムブランドの「3×1(スリーバイワン)」。

SOHOにはショップ兼アトリエがあり、そのお店ではカスタマイズのデニムを作る事が出来、更にアトリエスタッフがデニムを作成している所も見れるという新しいタイプのデニムブランド。
コーテリーのブースもそのアトリエを再現させた贅沢な空間です。

SCOTT MORRISONが手掛ける「3×1(スリーバイワン)」のデニム。
彼は「Paper Denim&Cloth(ペーパーデニム)」や「7 For All Mankind(セブン)」、「Earnest Sawn(アーネストソーン)」といったプレミアムデニムブランドを立ち上げたデニム界の重鎮なのです。
生地は厳選されたセルヴィッジデニムのみを使用。

セルヴィッジデニムは、生地の端に「耳」と呼ばれる終端があることが特徴で、その生地を作る希少な機械は日本に多い為、9割のデニムが日本産の生地を使用しています。
ステッチも職人により丁寧に施され、妥協を許さない為、熟練の職人でも日に2,3本しか作成出来ない程の高品質なのです。

「3×1(スリーバイワン)」の大人気定番、フリンジデニム。
この細かなディテールにはこだわりが詰まっています。

今季はこの様な裾ダメージがトレンド。
1点1点手作業で施されています。

シルエットの綺麗さは勿論、ダメージの入り方も良い味出てますね。

 

デニムブランド繋がりでこちらもPARIGOT初登場になった、「FRAME DENIM(フレームデニム)」。

上質な素材で仕立てた、ボディラインを美しく見せるシルエットが特徴です。
アメリカブランドながら、フランスのエッセンスを加えてドレスアップ出来るカジュアルウェアを提案する綺麗目なデニムブランドになります。


「FRAME DENIM(フレームデニム)」ではシルエットの綺麗なスキニーをチョイス。

ボーイフレンドクロップドも程よいゆとり感があっていい味が出ています。

 


今回のNEW YORK トレードショーは「リゾート&フェミニン」が満載!

リゾートに持って行きたいNICEなブランドを発見!

PARIGOT 初登場の「BEACH GOLD(ビーチゴールド)」。

バリ発のブランドでオリジナルのテキスタイルの素材は軽くてしなやか、お手軽にお洗濯出来ちゃうのも嬉しいポイントです。

キャミワンピースは爽やかなブルーのフラワー柄。

マキシスカートもラップタイプなのでビーチでも活躍しそう!

水着の上からでも気軽に着れちゃうブラウスもお袖のフレアーがキュート。
オフショルダーにしても着れるのでイメージが違って着れますね。

早く夏になってリゾートに行きたいな〜!!
気分はすっかりリゾートモード。

本日のバイイングも終了〜。

本日のディナーは今ニューヨーカーの間でHOTな人気イタリアンレストラン。
オシャレで素敵な空間、ピザを作ってる所も見えてナイスなパフォーマンスです。

 

NEW YORKで一番美味しいピザ!(私が思うに・・・)
ん〜、絶品でした〜!
絶対またリピートしたいです!

美味しいお料理を満喫しました!
明日から、また頑張ります!

次回、「2017年春夏海外バイイングin NEW YORK編 Part.2」をお届けします!

お楽しみに!!