Blog

2017.03.17 Buyer's Blog

2017春夏バイイング メンズ編 vol.4

バイヤー
遠藤 智和

こんにちは、バイヤーの遠藤です。
春らしい日も徐々に多くなり、新シーズンの幕開けを感じられる季節になりましたね。

今季のPARIGOTは続々と新ブランドが入荷していますが、本日はイタリアを代表するパンツ専業ブランドです。

■PT01(ピーティゼロウーノ)

イタリア・トリノで2008年に「メンズクロージングにおいて最も重要なアイテムはパンツ」というコンセプトの下、パンツ専業メーカーとして誕生したPT社のブランド。
それまで落ち着いた色が多かったドレスパンツの世界に、幅広いデザインソースから取り入れた多彩なバリエーションを提案。
各モデルにテーマを設定し、独自のデザインでその世界観を演出し、パンツの可能性を広げています。

美しいヒップラインとともに脚長効果も備えた完璧なシルエットが構築されているのが特徴です。
PTのブランドネームは”PANTALONI TORINO “(トリノのパンツ)に由来し、PT01にはその中でトップを目指す強い意志が込められているそうです。

■INCOTEX(インコテックス)

1951年にパンツ専業メーカーとして立ち上がり、確かな素材選び、巧みな裁断縫製技術などで、全世界で「ドレススラックスと言えばINCOTEX(インコテックス)」という不動の位置を確立しているブランドです。
今や定番的に使えるドレスパンツからトレンドを抑えたモードなパンツ、更には加工技術を駆使したスタイリッシュなカジュアルパンツまで幅広く提案し、その美脚なシルエットが高く評価されています。

インコテックスは「3F」からなるポリシーがあるとされており、”ファブリック” ”フィッティング” ”フィニッシング”とどの要素も最高なレベルで展開しているブランドです。

使用する素材や細かな縫製にもかなりこだわりを持つパンツは、どれも秀逸品です。
カラーバリーションも豊富にオーダーしているので、是非店頭でチェックしてみてくださいね。

皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。