Blog

2017.02.01 Buyer's Blog

2017春夏バイイング メンズ編 vol.2

アシスタントバイヤー
末次 勇太

こんにちは、アシスタントバイヤーの末次です。

2月に入り、徐々に2017シーズンの春夏アイテムの入荷も始まっています。
今季はイタリアンクラシコのブランドも大充実し、サイズレンジやカラーバリエーションなども大幅に拡大します。

イタリアンクラシコといえば、世界最大のメンズ見本市「ピッティ・イマジネ・ウォモ(PITTI IMAGINE UOMO)」。
世界中からプレスやバイヤーなど、ファッショニスタがイタリアのフィレンツェに集まる展示会です。

 

1

 

2

 

3

昨年6月に行われた、今回で90回目を迎えた記念すべき2017年春夏コレクションのテーマは「数字」。
人それぞれのラッキーナンバーやお国柄によってさまざまな意味を持つ数字にフォーカスを当てた演出になっています。

4

 

5

 

6

 

7-(1)

 

7-(2)

 

7-(3)

 

7-(4)

 

8

 

9

 

10

 

11

膨大な数のなブースが出展されており、見ているだけでワクワクします。
トレンド要素も発信されており、スタイリングやカラーの組み合わせ、ディスプレーなどどれを見てもカッコイイです。

12

 

13

 

14

絶大な人気を誇る「TAGLIATORE(タリアトーレ)」。
ピーノ・レラリオ氏が1998年に創業し、 オーナーでありデザイナーでもあるピーノ氏は、デザインのみならずパターンから縫製まで直接指示を出すほどこだわりを持っています。

全ての工程は自社内の敷地内にあるファクトリーで行なっており、品質管理のみならず製品の隅々までピーノ氏の美意識が行き渡っています。
ボタン一つにもこだわりを持ち、それぞれの商品にバイヤーが個性的なボタンをセレクト出来ます。

イタリアンテーラードをベースにした、抜群の着心地を提供する実力を備えた正当派のブランドは今シーズンも大注目です。

 

15

 

16

 

17

 

18

 

19

 

20

春夏らしいリネンブレンドのテキスタイルやトレンドのチェック柄など、イタリアを感じることのできる美しいテーラードは必見です。

 

21

 

22

こちらも人気のテーラードを誇るLARDINI(ラルディーニ)。
イタリア中心部のアンコナにて、創業の1978年以来、世界の名だたるビックメゾンの製品を30年以上作り続けているブランドです。

クリエイティブディレクターのルイジラルディーニ氏の指揮の元、LARDINIはそれまでのテーラードジャケットには無い製品洗い、製品染め、ハンドペインティング、コントラストステッチ、拝みボタン等のディテールを生かし、それらの仕様を組み合わせることで全く新しいコレクションを発表しています。

23

 

24

 

25

 

26

 

27

厳格さと衣服の品質が融合したラルディーニスタイルの優雅さが垣間見えるテーラードジャケットです。
ネイビーやブルーベースのカラーは今季も引き続き人気が出そうですね。

また、キャメルやベージュなどの発色の良いジャケットもスタイリングを華やかに盛り上げてくれます。

「ピッティ・イマジネ・ウォモ(PITTI IMAGINE UOMO)」は個人的にも大好きで、毎シーズン楽しみにしている展示会です。
今日ご紹介したアイテムは徐々に店頭にも入荷しているので、是非ご覧になって見られてくださいね。

皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。