Blog

2015.04.15 Staff Blog

日本のワイン発祥の地でワイナリー巡り

商品企画マネージャー
小谷 悦代

こんにちは。商品企画マネージャーの小谷です。

先日、お休みを利用して山梨県勝沼へ行ってきました。
旅の目的はワイナリー巡り&温泉。
日本のワインの発祥の地である勝沼は一度は訪れたい場所でした。

電車で向かい、駅からはタクシー&徒歩移動。
「勝沼ぶどう郷」駅なんて、これから出会う様々なワインに心躍る駅名ですよね。
周りは葡萄畑に囲まれ、とてものどかなところでした。

①

 まず、勝沼を代表するワイナリーの1つ、勝沼醸造直営のレストラン「風」でランチ。

長崎の大浦天主堂をイメージした店内は天井が高く、解放感たっぷり。
こちらはローストビーフが有名とのことで、ローストビーフをオーダー。
旬の素材を活かしたワインに合う素敵な料理。大変満足しました。

②

③

その後、勝沼周辺のワイナリーを数件めぐりました。

試飲しては気に入ったワインを購入。どんどん荷物が増えてしまうのがワイナリーツアーの楽しいところ。

④

⑤

勝沼の最後は「ぶどうの丘」へ。その名の通り、丘の上にある宿泊や温泉も楽しめる施設。
一番の目玉は地下にあるワインカーブ。

タートヴァンと呼ばれるワインの効き酒に使われる杯を購入すれば、200種類のワインの全てが試飲できます。
ソムリエ気分でお気に入りのワイン選びに夢中になりました。

⑥

⑦

⑧

すっかりワインを堪能した後は、宿のある石和温泉へ移動。
お部屋でお食事を楽しんだ後に温泉にゆったりと浸かり、翌日の朝も温泉を満喫しました。

翌日は石和エリアのワイナリー巡り。
勝沼のワイナリーに比べると大規模なワイナリーが多く、観光地としてかなり賑わっているのも特徴の一つ。

マルスワインでは樽の蛇口をひねると好きなだけ試飲ができるコーナーが。
子供のころ、「ひねったらジュースが出てくる蛇口が有ったら良いのになあ」と夢見ていたのを思い出しました。
大人になってその夢がかなった気分です・・・。
自分の生まれ年に生産されたビンテージワインが有料で楽しむ事が出来るのも嬉しいところ。

⑨

⑩

生産過程が見学出来るワイナリーも数多くあり、ツアーガイドの方が付いて説明してくださいます。

⑪

⑫

⑬

2日間、大好きなワインに囲まれてとても充実した休日を過ごす事が出来ました!
今度は収穫祭の時に再訪したいと思います。

最後に勝沼の丘から見た、ワイン色の夕日でお別れです。

⑭