Blog

2015.04.16 Buyer's Blog

2015年春夏バイイングin Japan メンズ編Part.4

メンズアシスタントバイヤー
末次 勇太

こんにちは、アシスタントバイヤーの末次です。

暖かい日も多くなり、どこかにお出かけしたくなる気候になってきましたね。
さて、今回も注目のレコメンドアイテムをご紹介致します。

今シーズンの皆様の足元はスニーカーという方が本当に多いですが、
やはりこの春欠かせないアイテムのひとつではないでしょうか。

PARIGOTでも、スニーカーは豊富な品揃えをしております。

■adidas(アディダス)

言わずと知れたドイツのスポーツ用品ブランドですが、今やファッション界においてもあらゆるところでこのブランドを見かけます。
ファッションピープルたちも取り入れ、世界中で知名度が高いブランドです。

ここで改めてブランドについて少しご紹介致します。

1924年、アドルフとルドルフのダスラー兄弟が体育館用のシューズを開発しスタート。
この兄弟は後の1948年に独立して、アドルフはアディダス(adidas)、ルドルフはルーダ(1949年からプーマに変更)を設立したことは有名です。

IMG_1032

”STAN SMITH VULC(スタンスミス バルカ)”

クラシックなコートスニーカーをベースに上質な素材とカジュアルな雰囲気を取り入れています。
このバルカナイズド・アウトソールのスニーカーには、贅沢なアニリン皮革を採用したアッパー、滑らかなレザーのオーバーレイを用いたヒールタブ、そしてクラシックなパンチング加工のスリーストライプスをあしらっています。

アディダスは、ラフシモンズやステラマッカートニー、ハイクなどもコラボやパートナーシップを結んだコレクションをしていることは記憶に新しいですよね。
まだまだアディダスから目が離せませんね。

■NIKE (ナイキ)

こちらもアディダス同様、知名度の高いスポーツブランドです。
雑誌などでも多く取り上げられ、スニーカー旋風を牽引しているブランドのひとつです。

IMG_1030

”INTERNATIONALIST(インターナショナリスト)”

80年代のナイキランニングの名作「INTERNATIONALIST」を復刻したデザイン。
レトロなデザインやオリジナルの質感はそのままに、忠実に仕上がったモデルはカラーも豊富で取り入れ易いスニーカーです。

■BOEMOS(ボエモス)

1962年イタリアのフィレンツェにて創業した、シューズ系のファクトリーブランド。
もともと有名ブランドのシューズをOEMで作り続けており、ファクトリーブランドならではのクオリティと、リーズナブルなプライスが評価され、欧州、北米を中心に展開されているパリゴでも人気の高いブランドです。

IMG_1031
ここではまだまだご紹介しきれないスニーカーの数々が店頭では展開されています。

お気に入りの1足を是非パリゴで見つけられて下さいね☆

最後に。
ただ今パリゴではJACKET COLLECTION 開催致しております。4568

これからゴールデンウィークのお休みに向けて着て行くお洋服などお探しの方などにも必見のラインナップになっております。
皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。