Blog

2016.11.22 Buyer's Blog

2016年秋冬バイイング メンズ編Part.11

アシスタントバイヤー
末次 勇太

こんにちは、アシスタントバイヤーの末次です。

気が付けば11月も半ばを過ぎ、街はクリスマスムードも漂う季節ですね。
気温も寒くなり、冬支度も本格的になってきているのではないでしょうか。

今回のブログは、名品と言われる老舗ブランドをご紹介致します。

■White house Cox(ホワイトハウスコックス)

1875年創業以来、高品質の馬具や洗練されたデザインのベルトや鞄、財布など様々なレザーグッズを作り続けているブランド。
代表的な革は、強く耐久性のあるイングリッシュブライドルレザーで、約10週間もの間、樹皮や種子など自然の草木を使い丁寧にタンニン鞣しし、さらに天然の染料を革の深部にまで染み込ませ、じっくりと時間をかけた逸品です。

今回ご紹介するのは、クリスマス時期に登場する数量限定のコレクション「ホリデーライン」。
その時々の旬を捉えた2トーンシリーズは、毎年大好評なシリーズです。

1

 

2

 

3

 

4

 

5

今年のホリデーラインは、”リージェントブライドル”を使用した特別仕様が登場しています。
傷にも強く、エイジングもしっかり楽しめるレザーに注目です。
フロントには、「White house Cox」の刻印もされており、上品な雰囲気を楽しめる逸品です。

 

6

 

7

 

8

 

9

内装は新色のグリーンとイエローの展開で、気品溢れる仕上がりになっています。
人気の3つ折りや長財布も、通常のカラーリングとは一線を画し、特別感のあるアイテムとなっています。

 

10

 

11

 

12

今年は、よりスペシャル感が高まり、ギフトにも相応しいクオリティとデザインは「White house Cox」ならではのシリーズとなっています。

■Paraboot(パラブーツ)

1919年、レミー・リシャールポンヴェールによってフランスで創設された靴メーカー。
彼がアメリカから持ち帰った1足のラバーで覆われたブーツを基に、ブラジルPARA港から直輸入された天然ラテックスを使用し、ラバーソールの靴の生産を開始。その後、自社の靴に用いるソールをも自ら製造する世界で希有のシューズメーカーとなっています。
創業以来、約150以上の製造工程で変わらない魂と厳しい基準のもとに造り続けられています。
現在では、世界中の人々に認められ、フランス軍のオフィシャルシューズや、業務用ワークシューズにも採用されています。

13

 

14

パラブーツのダブルモンクストラップシューズ”ウィリアム”
根強い人気があるこのモデルの起源は、ジョンロブがパラブーツにオーダーしたモデルと言われています。
クラシカルな佇まいですが、カジュアル使いまで可能な逸品です。

 

15

 

16

スエードタイプはまた違った表情が楽しむことのできる1足。
パラブーツファンのみならず、魅力の知ることのできるモデルは是非履いていただきたいアイテムです。

店内には、まだまだ名品と言われるアイテムを多数ご用意しております。
クリスマスのギフトや、自分へのご褒美にピッタリのアイテムを見つけてくださいね。

皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。

17