Blog

2016.11.07 Buyer's Blog

2016年秋冬海外バイイング in PARIS 編 Part.3

バイヤー
高垣 佳代子

 

31

今回の海外バイイングは、「PARIS」⇒「 NEW YORK」⇒「MILANO」⇒「PARIS」を巡る海外バイイング。
(2016年1月~3月)

3月のPARIS出張は本コレクションのシーズン。
今回は「海外バイイング in PARIS編 Part.3」をお届け致します!

 

dsc08661

 

dsc08662 

本日もSHOWROOMからスタート!
まずは、「J.W.ANDERSON(ジェイダブリュアンダーソン)」のSHOWROOMへやって来ました。

現、「LOEWE(ロエベ)」のデザイナーでもある、ジョナサン・ウィリアム・アンダーソンが手掛ける自身のブランド、「J.W.ANDERSON(ジェイダブリュアンダーソン)」。

既存のユニセックスあるいはジェンダーレスという概念を打ち破り、レディスとメンズの境界を越えたデザインとフォルムを具現化し、新しいプロポーションを創りだしているロンドンの実力派デザイナーです。

dsc08664

 

dsc08684

 

dsc08660

最新のコレクションはPOPで綺麗なカラーが揃ったコレクション。

テクニックのあるアイテムに心躍ります!!

dsc08672

 

dsc08681

モデルさんがコレクションを着てプレゼンテーション。

dsc00347

 

dsc00348

 

dsc08676

今季オススメのコートがこちらのウールトレンチ。
レザーの衿にあしらわれたスタッズが強さとエレガントを兼ね備えた女性像を表しています。

どの角度から見てもバランスの良いシルエット。
さすがです!

dsc00355

 

dsc00356

ワンピースはピアスの様なメタルパーツがポイントに。
モードな中にもキュートなエッセンスが感じられます。

dsc00365

チェック柄のコンパクトジャケットはワイドパンツやマキシスカート、何でもバランス良くコーディネートが出来ちゃう優れもの。

 

dsc08666

 

dsc08667

 

dsc08685

バックコーナーも素敵なコレクションが揃ってます。
新型のリングディテールがポイントのバックも種類が沢山揃ってます。

dsc00411
「J.W.ANDERSON(ジェイダブリュアンダーソン)」の「J.W.」のロゴがあしらわれたリングも登場!

ボリュームリングも素敵ですよね。

dsc08617
続いては、「ALEXANDER WANG(アレキサンダーワン)」のPARIS SHOWROOMへ。
ランウェイを飾ったコレクション。

スポーツとエレガントという対極のミックスが「ALEXANDER WANG(アレキサンダーワン)」ならでは。

dsc08600

 

dsc08605

こちらでもモデルさんが最新コレクションを着てプレゼンテーション。

dsc00172
ミニマルなチェスターコートはダブルフェイスなのでリバーシブルで着れちゃう優れモノ。
軽くて上質なウールならではの着心地を是非実感して頂きたいです!

 

dsc00176

dsc00177

ワンピースはフロントのピアスディテールがポイント。
クリエーションの高さを感じます。

dsc00150
ニットも得意な「ALEXANDER WANG(アレキサンダーワン)」ならではの素材感の良さが際立つチャンキーニット。

この絶妙なミックス感、合わせ易さも嬉しいポイントです。

dsc00739

 

dsc00732

 

dsc00746

今季「PARIGOT」に初登場した「RE/DONE(リダン)」。

ファッションデニムとして今最も注目されてるデニムブランドです。
1950~1990年代のヴィンテージのリーバイス(Levi’s)を基にしたカスタムデニムを展開し、1本1本手作業で加工しているので一つとして同じデニムが存在しないのが特徴です。
リーバイス社が公式に自社のヴィンテージデニムの加工を唯一認可している、大変希少性の高いブランドなのです。

ハイウエストストレートや、カラーグラデーションのワイドデニムなど唯一無二のアイテムがラインナップ。

是非お早めにチェックしてみて下さいね!

次回、2016年秋冬海外バイイング in PARIS 編 Part.4をお届けします!
お楽しみに!!