Blog

2016.10.10 Buyer's Blog

2016年海外バイイング in PARIS本コレクションPart.1

バイヤー
高垣 佳代子

1

今回の海外バイイングは、「PARIS」⇒「 NEW YORK」⇒「MILANO」⇒「PARIS」を巡る海外バイイング。

(2016年1月〜3月)

本日は、「PARIS編 Part.1 」をお届けします!

3月のPARIS出張は本コレクションのシーズン。

まずは、「TORANOI (トラノイ)」からスタート!

2

3

4

毎シーズン定評のあるレザーブランド、「GIORGIO BRATO(ジョルジオブラッド)」。

ベジタブルタンニングという染め手法に優れているレザーで、使い込むごとに自然な風合いと独特の味わいと色の変化がでて、その人の身体に馴染んでいく特性があります。

5

ノーカラーのライダースジャケットは素材が柔らかく、ラインも細身で綺麗!

裏地も今回は迷彩風。

6

コットン素材なので保温効果もあって冬も活躍出来る優れモノです!

7

8

「GIORGIO BRATO(ジョルジオブラッド)」からムートンコートもお目見えです!

ノーカラータイプや、フーデッドコートも軽くて上質なムートンなので暖かく毛並も美しいのがポイント。

お袖を折り返してカフス風に見せてもポイントになります。

 

「GIORGIO BRATO(ジョルジオブラッド)」のデザイナーさんのジョルジオブラッドさんと一緒にパチリ!

9

気さくで素敵なデザイナーさんでした。
お人柄が控えめなピースに表れてますね(笑)!

 

これまでのTORANOI の展示会シーンがモノクロで演出された空間。

10

オシャレです!

 

続いては、「Premiere Classe(プルミエルクラス)」にやって来ました!

11

12

吹き抜けの空間は圧巻。

沢山のブランドが出展しています。

こちらでは素敵なアクセサリーをオーダー。

13

チュルリー公園の「Premiere Classe(プルミエルクラス)」も沢山の人で賑わっています。

 

1992年の24年前に「PARIOGT」が広島県の尾道市に第一号店を初めてオープンした時に品揃えていた、「SONORA BOOTS(ソノラブーツ)」。

14

懐かしい〜!!

今でも踵はパンツの裾が引っかからない様に斜めにカットされているのが変わってなく永遠の定番なんだな、と感じました。

当時、ブーツカットのデニムに合わせて履いてたな〜!!

トレードショーを見終わって、続いてはSHOWROOMへ!

今季バイヤー一押しのブランド「KOCHE (コシェ)」。

2015年、16年連続でLVMHプライズのファイナリストに選出されたデザイナー、「クリステル・コシェール」が手掛けるブランドで、

着られるクチュール”をコンセプトに、クチュールの技術を落とし込んだラグジュアリーなデイリーウェアを提案する大注目のニューカマーブランドです。

様々な雑誌でも注目ブランドとして人気ですが、「クロエ」や「ドリス ヴァン ノッテン」などのビッグメゾンでキャリアを積んだ若手実力派なのです。

15

16

転写プリントの発色も美しいワンピース。

複雑なパターンもパーツをパッチワークした様な重なり感が素敵です!

17

こちらのワンピースも3種類の素材がパッチワークされた複雑なパターンが見事に美しく仕上がってセンシュアルなイメージ。

クチュールのテクニックを活かした女性らしいシルエットを活かすワンピースです。

アーケードでコレクションを行った「KOCHE (コシェ)」。

その中でも話題になったのがこちらのロングコート。

18

19

フロントのレイヤードディテールも着た時のバランスを美しく見せてくれるポイントです。

更にバックスタイルのジップを開けると贅沢なサテンのドレープが登場!

歩くとドラマティックなラインを作ってくれる贅沢コートです。

丁度、飛行機で移動する中で読んでいた雑誌にも「KOCHE (コシェ)」が取り上げられていました!

コレクションで話題のコートも後ろ姿で載ってます!

今大注目の「KOCHE (コシェ)」も店頭に届いておりますので、是非チェックしてみて下さいね!

20

こちらはこの秋からPARIGOT初登場の「AALTO(アアルト)」。

プレコレクションでもご紹介させて頂きましたが、
現ルイヴィトンのメンズでデザインをしているトーマス・メリコスキが手掛けるブランドで、マスキュリンなディティールと色と柄のコントラストなど強い美学を組み合わせたコレクション。

ブランド名はフィンランド語で「波」という意味です。

21

22

23

ランウェイSHOWのLOOKのメイクもコレクションに合わせて個性が光ります。

24

今季はブルーがポイントカラーになっています。

25

チェック柄のセットアップはジップ使いがポイントに。

ボトムスを変えるだけでイメージもがらりと変えれますね!

26

ブリティッシュなチェック柄のテーラードジャケットもトラッドな中に遊び心を感じます。

27

スウェットのお袖も途中でカットしてあるのでインナーの柄もポイントにコーディネイト出来ちゃいます。

28

是非店頭でご覧になって頂けますと嬉しいです!

 

今季、PARIGOTに初登場したブランド、「GOOSENNS PARIS (グーセンス パリ)」。

29

30

31

 

70年近くオートクチュールメゾンの為にジュエリーを作り続ける老舗ジュエリーブランドで、ココ・シャネルのアクセサリーも手掛け続けている位歴史のあるブランドなのです。

 

32

33

チェーンモチーフがゴージャス、且つエレガントに引き立ててくれます。

真鍮とシルバーのコンビネーションが素敵なコレクションも登場です!

次回、「2016年秋冬海外バイイングin PARIS 編 Part.2」をお届けします!

お楽しみに!!