Blog

2016.09.28 Buyer's Blog

2016年秋冬バイイング メンズ編Part.7

アシスタントバイヤー
末次 勇太

こんにちは、アシスタントバイヤーの末次です。

秋を少しずつ感じられるようになり、羽織物がないと肌寒い日も増えてきましたね。
そろそろ本格的な冬支度をされている方も多いのではないでしょうか。

今回は、デザイナーのこだわりの詰まったブランド、HAVERSACK(ハバーサック)、KNOTT(ノット)をご紹介致します。

■HAVERSACK(ハバーサック)

男の普遍的要素を持つミリタリー、ワーク、ユニホーム、テーラードといったカテゴリーの中で、時代が生んだ知恵とディティールを取り入れているブランド。
品格のあるスタイルが特徴で、ヴィンテージにモダン要素を融合した、ベーシックで長く愛用できるワードローブを展開しています。

1

 

2

 

3

こだわりを持った内装や什器は、何度見てもかっこいい展示会です。
デザイナーの洋服に対して熱い思いが詰まったコレクションは圧巻です。

4

 

5

 

6

 

7

 

8

素材とパターンの魅力を最大限に引き出されるシルエットとデザインは、丁寧な縫製によって生み出されています。
私もいくつかアイテムを愛用していますが、ハバーサックは10年以上着られるアイテムがほとんどで、そのクオリティは他には無いものを持っています。

■KNOTT(ノット)

ジャンポールノットが展開する「ギャラリー・ヴィー」のコラボレーションブランドとして、2006年に誕生した「ノット・ギャラリー・ヴィー」が前身のブランド。
機能性、ミニマリズム、エレガンス、アンコンストラクテッドの4つの柱を掲げるノットは、洗練されたアイテムが揃います。
9

 

10

 

11

 

12

トレンドを追い過ぎず、感性を大事に着易い服をエレガントかつシンプルに、リアリティーを追求したコレクションが魅力です。

素材感やレイヤードのコーディネートなど、服の魅力を感じることのできる秋冬シーズンはわくわくしますよね。
店頭には、アウターやニットなど充実のラインナップで展開しております。

皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。