Blog

2016.09.01 Buyer's Blog

2016年秋冬バイイング メンズ編Part.5

アシスタントバイヤー
末次 勇太

こんにちは、アシスタントバイヤーの末次です。

少しずつ秋を感じる季節になりましたね。
この時期になると、そろそろ秋物の準備をしたくなる気分です。

本日は、立ち上がりに着たいパンツブランドをご紹介します。

■YANUK(ヤヌーク)

西海岸の空と海、そしてその土地が持つ特有の乾いた土の匂いなど。
そんなL.A.独特のリラックスした雰囲気と、大人が満足する上質なスタイルを兼ね備えたコレクション展開する、2003年にL.A.でスタートしたデニムブランドです。

1

 

2

 

3
パリゴでも毎シーズン人気を博し、リピーターも多いデニムブランドです。

 

4

 

5

最大の魅力は、やはりシルエットで、選び抜かれた素材と絶妙なカッティングにより、ナチュラルなフィッティングと快適な穿き心地を実現しています。
もうひとつの魅力が、クラフトマンシップ。
細部までこだわり抜かれたヴィンテージ加工、繊細なステッチワーク、そして美しいアウトラインが、熟練の職人たちの手仕事によって生み出されています。

 

■LIDEAL(リディアル)

名だたるブランドのボトムデザインを手掛けていた、井出裕之氏が2010年に立ち上げたブランド。
LIDEAL(リディアル)が考えるファッションの「理想」とは、
「モードなアメリカン カジュアルアイテム」、「無機質とは違ったシンプル+αテイスト」をキーワードに、
現代の多様なライフスタイルに対応し、高感度のファッションアイテムにコーディネートしやすいデザイン。
生地や加工などでひとひねり利かせ、長く着ることで愛着が湧く、そんなファッションを提案し続けています。

6

 

7

 

8

 

9

今シーズンは、モノトーンカラーを中心に、グレーやキャメルなどの挿し色を加えたコレクションを展開しています。
シンプルな中にも、縫製のこだわりやディテールなど、デザイナー自らが語って下さいました。

10

 

11

 

12

 

13

新しいシルエットや素材などのアイテムが登場しており、これからの入荷が楽しみなラインナップです。
計算しつくされたパンツシルエットは、どれも欲しくなるものばかりでした。

店頭では、様々なブランドの入荷があり、売り場も見ごたえ十分な内容になっています。

皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。