Blog

2016.07.20 Buyer's Blog

2016年秋冬バイイング メンズ編Part.2

バイヤー
遠藤 智和

こんにちは、バイヤーの遠藤です。

これからまだまだ暑くなり、夏本番へ向けていく時期ですが、
店内一部では、早くも2016AWシーズンが立ち上がりを見せています。

新しいシーズンも、様々なブランドから新たなトレンドなどの発信が見られてワクワクしますよね。
今回も2016AWバイイングの様子をご紹介致します。

 

1

■yoshio kubo(ヨシオクボ)

久保義男氏が特に拘りを持つ部分の一つでもある副資材。

今シーズンは、衣類にとって重要なパーツである副資材から派生させた架空のジュエリーブランド「Heavy&Co.blacksmith」を立ち上げ、そのブランドとyoshio kuboのコラボレーションシーズンとしてコレクションを展開しています。

 

2

3

4

5

コレクションのテーマでもある「Heavy&Co.blacksmith」は、鍛冶屋を意味するその名のように、重さで価値が決まるような重量感と力強さ、ミニマルでクリーンな要素が垣間見えるコレクションとなっていました。

 

6

 

7

 

8

9

10

ルックのコーディネーションもかっこ良いものばかりで、ブランドのパワーが伝わってきます。

 

11

 

12

 

13

展示会では、アイテムをじっくり見てセレクトしていきます。
実際に試着などをすると、素材感や縫製など、拘りが見えてくるのでアイテムに対しての想いが強まっていきます。

 

続いては、パリゴでも人気のNeil Barrett(ニールバレット)。

 

14

■Neil Barrett(ニールバレット)

デザイナー自身のパーソナルとプロフェッショナルが融合したコレクションを展開する今シーズン。
クラシカルなフォルムと現代的な解釈が交錯した、リアルなワードローブとして披露しています。

 

15

 

16

 

17

ニールバレットらしいテーラリングをベースに、素材とデザインを追求したアイテムに注目です。
アイコンでもある、オリジナルの迷彩柄をモードとスポーティなエッセンスで表現したアイテムは、ラグジュアリー感溢れるムードが漂います。

 

18

 

19

 

20

毎シーズン人気のサンダープリントもアップデートされ、モード感のあるアイテムは存在感があります。
どのアイテムも店頭に並ぶのが待ち遠しいですね。

今日ご紹介したブランド以外にも、徐々に新作の入荷が始まっています。
是非店頭でチェックして見られてくださいね。

皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。