Blog

2016.07.18 Buyer's Blog

2016秋冬海外バイイング in NEW YORK 編 Part.1

バイヤー
高垣 佳代子

1

今回の海外バイイングは、「PARIS」⇒「 NEWYORK」⇒「MILANO」⇒「PARIS」を巡る海外バイイング。(2016年1月~3月)

本日から「NEW YORK 編」をお届け致します!

NEW YORK の2月と言えばマイナス10℃位は当たり前で、昨年はハドソン川も凍るほどの寒さでしたが、今回の2月は暖かいNEW YORKになりました。

2

3

まずは「COTERIE (コーテリー)」からスタート!

コーテリーはNEW YORKの中でも最大級のトレードショーになります。

何千ものブランドが集結した展示会からPARIGOT に合いそうなブランドを早速チェックします!

4

¥37,000+tax

PARIGOT でも毎シーズン人気の「SANTI (サンティ)」。

NY発のハンドメイドで作られるクラッチバックで、いつもテクニックの細かさやクオリティの高さに魅了されます。

お花モチーフが色々なスパンコールで散りばめられたこちらのバックは色合いがとっても上品。

5
¥32,000+tax

珍しいレッドに心ひかれたこちらのクラッチバックは繊細なビーズがあしらわれた逸品。

コーディネイトのポイントになりそうです。

6
¥33,000+tax

数えきれないビーズやスパンコール、高級な竹ビーズも使用されたパッチワークの様なクラッチバック。

このバック一つでコーディネイトが更にランクアップしてくれます。

「SANTI (サンティ)」の新作バックはPARIGOT 全店に入荷しておりますので是非チェックしてみて下さいね!

7

ハンドメイドのクラッチバックはこちらの「MOYNA(モイナ)」も人気のブランドです。

粒の大きさの違うパールが沢山詰め込まれてるクラッチバック。

まるでアクセサリー感覚で持てそうですね。

8
「MOYNA(モイナ)」と言えばこちらのハンド開きクラッチ。

繊細なガラスビーズやストーン使いも綺麗!

9
いつもPARIGOT 別注のデザインで作って頂いているクラッチバック。

使い易い大きさと持った時の洗練されたデザインがオススメです!

更にチェーン付きなのでショルダーにも掛けれるので、便利です。

10

11

「コーテリー」の会場はとても広いのでこんなくつろぎスペースも。

12
この秋からPARIGOT に初登場したカナダのアクセサリーブランド「JENNY BIRD (ジェニーバード)」。

シンプルながらモード過ぎず、女性らしさが兼ね備わったブランドです。

13

14

手にはめると繊細なチェーン使いが絶妙なしなやかさを演出してくれるブレスレット。

15
シルバーとゴールドのコンビネーションが美しいネックレス。

モード好みの方からフェミニン好みの方まで幅広く合わせて頂けます。

16

「botkier (ボトキエ)」の新作も登場!

コンパクトなショルダーバックは収納もたっぷりで活躍する事間違いなし!

17
「botkier (ボトキエ)」らしいディテールがポイントのショルダーバックも素敵です!

18 19 20
「コーテリー」の隣のパビリオンに新しい展示会が出来ていました。

さすがアメリカ全土からバイヤーが集まるトレードショーだけあって見応えありました!

21

次回は「2016秋冬海外バイイング in NEW YORK 編 Part.2」をお届けします!

お楽しみに!!