Blog

2016.07.06 Buyer's Blog

2016年秋冬バイイング メンズ編Part.1

アシスタントバイヤー
末次 勇太

こんにちは、アシスタントバイヤーの末次です。

7月に入り、一気に暑い日が続きますね。
今年の夏も暑くなりそうなので、アウトドアや海水浴などが楽しみです。

真夏へ向かっていく季節ですが、早くも2016AWバイイングの様子をご紹介いたします。
今季も、国内外多くのブランドが様々なトレンドを発信しています。

■STEPHAN SCHNEIDER(ステファンシュナイダー)

毎シーズンコレクションが楽しみなステファンシュナイダーの展示会。
今回も新たなカラーや、デザイナーのこだわりが垣間見える素晴らしいアイテムが勢揃いしていました。

1

2

デザイナーの実家に多くの油絵があるそうで、その絵からインスピレーションされたコレクションを展開した2016AWシーズン。
キャメルやボルドー、ブルーなどカラーパレットもきれいなアイテムが揃っていました。
3

4

5

アイコンとも言える、フードコートもアップデートされ、素材感とカラーリングが絶妙のバランスです。
どのコートを試着するたびに、欲しくなるアイテムばかりでした。

6 7 8 9

ニットは、素材切り替えや上質なオリジナル生地を使用した、表情のある得意とするアイテムに加え、ボルドーやブルーなどのカラー展開が
魅力的でした。

10

11

パリゴでも人気のマフラーは、油絵を思わせる独特の色味が特徴でした。

■08sircus(ゼロエイトサーカス)

コンセプトは、「自分が本当に着たいと思うもの。イージーでリラックスだけれど、シックでエレガントな服。」と語るデザイナー。
アイテムは、どれもこだわりを強く感じる洋服ばかりで、思わず1点1点じっくりと見入ってしまう展示会です。

12

13

14

多彩なミリタリーテイストを取り入れながらも、エフォートレスなエレガントムードが漂うコレクションが見られた今シーズン。
カーキやネイビーに、ホワイトが挿し色に加えられたアイテムが特徴です。

デザイナーが広島出身ともあり、毎回親近感も湧き、楽しみな展示会のひとつです。

15

16

素材感や生地にこだわりを強く見せるコレクションには、毎回驚かされます。
コートやミリタリージャケットなど、縫製や機能性に至るまで、細部までこだわりが詰まったアイテムばかりです。

17

18

19

ニットは上質で、エレガントな雰囲気が漂うアイテムです。
デザインのバランスが絶妙で、着心地の良いアイテムには思わず袖を通したくなます。

今シーズンの秋冬コレクションも目が離せないブランドばかりです。
多くの展示会を見ていると、トレンドの動きも見えてきます。
様々なアイテムを見ていくと、デザイナーの思いが伝わってくる洋服ばかりで魅力的です。
少しずつですが、またご紹介していきますね。

店頭では、まだまだ夏物のSALEも開催しております。
徐々にではありますが、新作のご用意も始まりました。

皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。